10連休の医療機関2019/03/03 23:46

天皇代替わり前後のGW10連休ですが、医療機関はみんなどうするつもりなのかと、医師会も、医会もけっこう気にしている模様。その期間の医療機関の休診一覧表をつくる動きも例年より早いようです。
休日急病診療所の担当医が埋められるかどうかもわからないという。

で、その10連休の間に、地域医療のためとがんばって医院を開けても、とくになんの加算もありまへんと厚労省はいってたのですね。
休日も時間外もつけないと。
診療中という札がかかったらもうそれは、休日だろうが夜中だろうが、通常の診療である、というのは彼らの姿勢です。時間内に「これからいく」と連絡して、受付時間後に来た患者ですらも、時間外じゃないといっている。

最近やっといいだしたのは、届け出とちがう診療時間にしてもこういう時期で理由があればとくに問題にはしないよ、程度。
どこまでも内部の整合性を問題にしている。
まことにお役所。

10連休は長い、が、それにしても、そのあいだに医院をあけたところで、患者数は少ないでしょう。
いまどきの医院は、なかなかひとりでできるものではない。減数してでも、従業員ナースには来てもらわないといけない。
正月の百貨店とおなじ話ですね、働く人にとってもそこは休日の筈。だから、出てきてもらおうとすればせめて割り増しで給与くらい出さないとねえ、ということになる。
余計あける気にならなくなる。
頑張るのはもう疲れたよパトラッシュ、と10日連続で休診する一般医療機関は多いでしょうが、、、、
ここに至って、愛媛は休日加算を認め、京都も認める方向で動き始めたそうです。

問題は、非救急症例に、加算を認めてくれるか
認めて当たり前やろといわれそうですが、支払基金にしても国保にしても、理屈があればけずる姿勢が、オンライン請求で突合点検も縦覧もできるようになって、ほんとに目立つように思います。

初期救急対応医療機関としての扱いで加算がもらえる、という説明のように思う。
とすれば、通常の再診とか、緊急性のない初診なんかは、休日加算つけても蹴り返してくると予想しますが、どうかな

すみませんうちは10連休です。