いった店 鰻ビフカツほか2017/08/04 16:19

松葉総本店」 梅田 串カツ
地下道にあったものの本店。まあ、おんなじ




洋食SAEKI」 阪神岩屋駅前 洋食
暑い平日昼でしたが、外で数人待ったりするくらいお客が来てる。よい洋食屋です。



ビフカツ、厚めですが硬すぎないヘレ、揚げ方も出し方もまあ、いま風。新しい店ですし。
ソースは一瞬カレーっぽい風味だが気のせい?ソースの味そのものは赤味噌ぽい




廣川」 嵐山 鰻
有名店で昼は予約なかなか困難。夕方の予約で行くと、予約できない一階はずっと行列。二階は早かったせいかけっこう空いてて、でもあの1階じゃ予約は絞るやろなあ、席確保料として、予約金1000円までとる。



入ってしまうと、それなりにちゃんと考えて相手してくれる接客でした。
白焼きも蒲焼も3900円以上という。まわってきた蒲焼は4200円であったようです。お江戸式、柔らかくておいしい鰻でした。




湯びきおとしは、今日はないと言われた。細う巻は卵焼き硬め、ひれは、さくさくした揚げフレーク風。2皿以上要注文のうなぎ柳川は、おつゆもたっぷり。重のごはん、味も歯応えもちゃんとしたもの。
連れとシェアして、いろんなものちょっとづつ食って、あとで死にそうに腹が膨れた。
観光地のそこそこの高額店だし、行列も予約も面倒なものぐさなので、また行くかは不明。

いった店 京都市内 洋食鰻天ぷら中華2017/06/22 18:15

浅井食堂」 洋食 下鴨
まわりの通りがすべて一通で車停めにくい。下鴨中通を一筋下がって東にはいるとコインパーキングあります。
昼はハンバーグ、海老フライ、ミンチカツ、クリームコロッケ、などを組み合わせたランチかステーキ。しっかり味のついた洋食で量だけみるとファミレス並み。ステーキ肉はけっこうさしが入ってるけど筋っぽくもあるという謎。おちついたいい店と思うがビフカツがないのであまりいきそうにない、かな。2周年というわりに調度が年季はいってる、前は何の店だったかよく通るのに覚えてない。




梅の井陶仙房」 うなぎ 祇園
もと祇園大和大路にあったが、ホテルオークラに出した支店がこけて大借金のこしたまま先代がなくなり、ご実家という円山公園脇に、たれをもって移ってこられたそうな。
鰻はやわらかい。ごはんは炊きたてではあるが、小粒で味が薄く水っぽい。
給料も出せなくて人が雇えず、ご主人が一人でやらんとあかんので客がたくさん入れられないと、事情通のバーのマスターからきいた。本当かは知りません。海老天ぷらはメニュの上にバツしてある。八幡巻、う巻きもできない。肝焼きもできないのは本数が出なくて数がないからでしょう、肝吸いはあった。
いいたくないけど、いろいろあぶないんでないかい。ここの味が好きな方は早めにいきましょう。




天ぷら 鈴」 烏丸鞍馬口
ひじょうにあっさりしたてんぷら。衣は厚すぎず、さっくり。八坂圓堂におられたらしい。歳いったもんが、たまに油を補給するなら、よい油の天麩羅は非常にいいものと実感はするが、私はもうちょっと胡麻が入ったのが好きなので、いまのとこ通うことはないと思う。鶏の天ぷらもないしね。これは単に、好みの違いです。




大鵬」 二条駅北西
すっぽんだのかえるだのに目が行くが、基本的には、街中の中華料理屋さん、ですね、ちゃんと味はついて、きつい香料もなくくどくもなく、量もなくていいのですが、あまりにも混んでいて、しかもだらだら飲み屋遣いするグループもあって回転が読めないのか予約が途中時間からはできない。1時間くらい近所で時間つぶしする覚悟でいくこと。坦坦麺は、辛いのしかないもよう。




廃業
瑞玉」ご主人が倒れて廃業されたのは書きましたが、けっこうあっさり亡くなったらしい。次の日まで温かいといってたまむしは、心から残念。その場で食う時は汗だらけになったものでした。

既出 「丸福桃山店」鶏の天ぷらを昼から食うのは仕合せ。おせんさんのご冥福をいつも祈りながら食う。「あぶりや」20代前半男子といったら1万超えた。「アサヒスーパードライ」「重兵衛」「Clos de Vougeot」「Majorica」「il Lampo」「珉珉桃山店」「MilkBlossomまつばら」「大興寿司」「花涼ん」「能登」「蕎麦鶴」「アシュクルク」かわりなし、あいかわらずレパートリー狭い。
ドローンみにいってちょっと歩いた大阪四ツ橋駅あたり、えらくカレー屋が多いですね、といったら、ドローン屋のひともそうなんですと調子をあわせてられた。

いった店 洋食と鰻2016/12/26 17:20

京都伏見ですが、カーサアントネッタがなくなって、居抜きでコートレットが移ってきた。ルーマニアのおばちゃんはどこいったんやろ、、、、
カーサアントネッタの記録
「いった店 京都 ルーマニア料理 ホテルイタリアン 」
コートレット(Cotelette)の記録
「いった店 洋食 蕎麦 スペイン風バル」

Cotelette 洋食屋コートレット」 伏見桃山 洋食
アントネッタの内装ほぼそのままですかね、手狭な移転前とかわって、雰囲気のいい洋食屋になった。昼は子連れもいるし、夜もちょっと遅くても、やや年配客ペアがつぎつぎくる。安くはないが割高感もないし、この客層向けの手軽な店がこのあたりすくないので、いいんじゃないでしょうか。


ビフカツはロースのわらじ(サイズがでかいだけでたたいてはいない)とヘレ。
ロースはいい肉で美味かったです、1.6K。


ヘレは依然同様金網に載ってきて、ちょっと大きくなったかな、びみょーに値上げ1.48K。これも、おいしいお肉はおいしい。


江戸川」 奈良 鰻き
鰻丼はまむしてないが、あつあつのごはんでよろしかった。靴脱いであがる高級仕様だがええかげんな格好でも文句言われませんでした、すんませんね。店頭ウェイティングリストは外国人旅行者多いのがみてとれた。



既出から
能登」余呉湖の鰻はぷりぷりしてなかった。
Clos de Vougeot」 まわりが更地でたいへん。

外食激減中。
肩もあいかわらず痛い。上腕二頭筋腱にステロイドうってもらいマッサージしてもらうのですが、よくならない、いや、体の不具合は、あれこれすればよくなるという幻想は捨てんといかんのです
筋力がおちてしまい、腕回せないので水泳できずスポーツクラブも行かなかったが器械使った筋力エクササイスにいくことにしました。

行った店 フレンチイタリアンステーキうなぎ 京都2016/07/03 15:54

くだくだ書いてもどうしようもないですが、宗教的非寛容に対しては、これを殲滅するしかないだろうなあとは、信長の一向一揆をはじめとする歴史から思います。
イスラム教徒自身がそれを行えないなら、けっきょくそれが世界を滅ぼすことになるのだろう。
日本人のイスラムに対する今の態度は、寛容ではなくただの鈍感。


レストラン シェ・シノ Restaurant Chez Shino」 竹屋町堺町 フレンチ
南仏なんかアルザスなんか、本場田舎フレンチということですか。前述ラ・プレーヌ・リュヌとは対照的に、量がっつり味もオイルも濃いい。テーブルほかカウンタがあり、一人でもいけるだろう。4Kまでの3段プレフィクス価格ですが、料理をシェフ一人でやってるとは思えんメニュの選択肢。ちょっとすごいなと思った。フランベの炎はしょっちゅう立ち上がり煙もうもうで、総じて体育会な雰囲気、奥様?の接遇がちょっと素人っぽいだけで問題ないですが、昼飯食うだけなのになんでか疲れ果てて、一日が終わった。内装もしっかりしてるしメインターゲット40歳台以上か。
排気ダクト経由の厨房の煙で店の前がもやけるのは、日本の住宅地としてはつらくないか。




イタリア食堂 Necco」 大手筋南
テーブル3卓カウンタ5席、ランチ 1.6K 、前菜はこまごました作り置きっぽい惣菜にその場で揚げ物加えている。この場所この値段でとてもよくやっているとは思います。全体にちまちまして、メインもスパゲティで、ラグーの割に細い。アルデンテきつめだったのは、まあ好みの問題かな。近所のいまはなき「イルバッカナーレ」ほどのぐだぐだ感はないにせよ、もうちょっと要所でがつんとさせたほうが私の好みではあるのですが。ターゲットは若くて細身のペアと40歳台までのママ友かな。夜は違うかもしれんのですがひとりでいちいち行く気にいまいちなれない、ごめん。




Sketch」 室町綾小路 トラットリア
雑ではないすっきりした内装。品書きは多く、量は大きい、ものによりある程度調整可能、味は鹹さ控えめちょっと甘め、だから何とか食いきれた。ターゲットは30歳台かな。カルボナーラは替え玉スープスパ。ラクレットにはトルティーヤがついている。2人でワイングラス2-3づつ、単品4品で14K。日本のワインもおすすめに並ぶ。サーブは手が足りなくてちょっとづつ後手の感じ。遅くまでやってるが早く行くなら要予約。遅くからだとおっさんはこんなに食えないよ、、、、




ピーピングトム 北山店」 堀川北山 ステーキ
カウンタのみ、油でてかった店内、コミック雑誌もおかれ、ラーメン屋としても通用する。炭焼きだそうですがそういう香ばしさはいまいち。150g1000円200g1500円くらい、どんどん増やせる。メニュ表示マックスは500g。あまりみっしりもしてない、脂っぽくもない肉は、値段相応です。胡椒は自分で振る。味付けはポン酢醤油がデフォルトのようですが、これも、別注文ポテサラも、かなり鹹いお気楽に重量指定でステーキが食えてうれしいよー、という店かな。家族らしいグループ(当然こどもは就学世代)が入れ替わりやってくる。電話して、10分くらい前なら席は確保するけど基本は予約受け付けないそうです




う桶や 祇おん う」 祇園 うなぎ
花遊小路の江戸川を本店とするやげんぼりチェーンの、祇園鰻店、そんなに高いわけでもない。人数がいないと桶にはいったひつまぶし的鰻ご飯を食えない。ほかに単品もちょっとある。数卓の座敷、わりとすぐでてくるし、時間かけてゆっくりするというコンセプトではない。祇園で遊ぶまえに数人で腹ふくらすのによいでしょう。やや狭いので予約がいるけど、回転は早いと思います。




TEA ROOM リーベ」 今出川新町 喫茶
昭和。カレーはレトルトです。雑誌少ない。




既出
花涼ん」「珉珉桃山店能登」「Clos de Vougeot」「重兵衛」「アサヒスーパードライ京都」 よろし。
蕎麦鶴」 夕方は、ちいさな手書きのつまみメニュも出て、完全に飲み屋モード化。
餃子の舗 食」 エビチリには茘枝よりパールオニオンのほうが好きです。野菜スープも黄身ごとの溶き玉入り。


いった店 大分など2016/05/13 09:03

JYUJYU」 コリアン居酒屋 大手筋
Silver moon の北の方。きれいな、いま風の店内、汁なしの冷麺も歯応えのある唐揚げも旨く、飲み物いれて2K ほどで、お手頃価格。焼肉屋じゃないのでくさくもない。カウンタはあるけど、一人では間がもたないのは仕方ないか。
昼はランチやってる。石焼ピビンバはごはん少な目コチュジャン多めでやるのが私の好みっぽい。もやし少な目かな。生中も飲んで1.3K ほど。




元町ラーメン」 烏丸寺之内
「うさぎや」がいつのまにかなくなり、店内ぐっときれいになった。「さまた」みたいなアットホームさはない。北の方からやってきた店らしい。みるからにバイトふうの2人。たまり醤油ラーメンベースで、ほか、背脂入り、白っぽいの、の3種のよう。たまり醤油ラーメンは、鹹い黒っぽい味噌ラーメン風味。650円です。単品がなく、日曜もやらない。

祇園丸山」 祇園 京料理
そこそこ有名高額店らしい。おいしくいただいたが、それより、建物というか空間の作り方についてのあるじのご高説が面白かったと思う。酔っていてほとんど忘れたけど。ワインの会で、ワイン込お昼25Kでいただいた。




RUMAH cafe」  大手筋北 インドネシア料理 
町家のなかはおおざっぱにくりぬかれて、それっぽい椅子やらカウンタやら。インドネシア料理自体をあまり知らないのでなんともですが、私の好みからすると、香料のあまりない、味のメリハリもないナシゴレンや鶏汁ビーフンをいただきました。ひとり1K円まででふつうに食えるし量はわるくない。




愛甲うなぎや」 延岡
車でてきとうに走っていてみかけた。ここの蒲焼自体はあまり好みじゃないが、鰻も青ネギもきざんでまぜてわさび風味でご飯に載せた「愛甲丼」は面白い。




しそを重ねたうなぎのカツだの、専門店でないとできないがあえてそうしない類のものがあれこれあって、近所にある人は羨ましい。




店内カウンタには、鰻のょぅ魚、稚魚から育てるのはタイヘンだったそうな。




高千穂牛レストラン 和」 高千穂
鉄板にのせられてきたステーキはシャリアピン風。サシの入った、よいお肉ですが、ミディアムより焼いてもらっても香ばしさがない。焼き肉も出すが、これもつまりは客に自分で焼かせているだけ。農協施設にある、町おこしレストラン風。しつこいですが、温泉地のマッサージに通じるものがあるような。ちゃんとしたオーベルジュを探せということやったか。ひとり5Kくらいまででなんとか。




東洋軒」 別府
中華料理店だが、大分名物とり天ぷらの本家発祥のひとつを自称する。このとり天というやつ、中華風天ぷらで、関西人なら、これは王将の「軟炒鶏(エンザーキ)」みたいなもん、といえば方向性がわかる。この店はほか中華一品がいろいろあるが、われわれ含めほとんどの客はとり天食っていた。ほかに、おこげ料理と刀削麺も食ったが、いいんですけど味がえらく濃いのはまあ地域性なんかな。
ずいぶんな行列、駐車場整理もしてたが、存外に回転ははやかった。




いこいキッチン」 大分
ここのとり天も持ち帰りで、帰りのフェリーで晩飯にいただいた。
立ち寄り湯で話をした客から、ここのとり天が元祖やときいたそう。味付けは誤差範囲でないかい。




大分ですが、とり天で有名な「丸山」「アントレ」には、休みではいれなかったのは仕方ないとして、入ろうとしたらちょうどラストオーダーだからとあたまから蹴りだしてくれた、駅前アーケードの「ゆずの雫」。その時点では看板出してたんだから、1時間で閉めますけどいいでしょうかくらい訊いてほしい。昼過ぎて大分にたどりついて、どこの店もしまっていてやっと入れると思った身としては殺意を感じた。

既出
重兵衛」「花涼ん」「しん」「Il Lampo」「Majorica」「旭亭」「アサヒスーパードライ京都」 よろし。
天龍」 やはりスープうす味になったんじゃないかな。
亜樹」 ビフカツはソースで衣がぜんぶじくじく。
Clos de Vougeot」 この隣のスナック「そんぶれろ」がなくなった。大学のころちょっと所属した部のたまりばで、歌詞カードでよく歌った。91年、たまたまいったらご主人がなくなり奥さんが引き継がれたということだったが、それ以来入ったことはなかった。この通りには一気に更地も増えて、知った店も、この、 Clos de Bougeot さんだけになってしまった。文月、貴林、凱旋門、Arpeggio、かっぱ寿司、かりん亭、秋田家、ハマムラ、、、、
能登」 琵琶湖鰻が本格的に入荷してきた。今回のは相当歯応えがあった。

いった店 京都 ほか 築地の店移転先2016/03/27 17:09

ふるさと納税でもしろがって手に入れたものとか、冷凍しっぱなしの獲物とか、食わねばいかんものがいろいろあって外食激減中。

酒房わかば」 桃山御陵前高架下 居酒屋
カウンタ15人くらい、お惣菜が大皿で並び、ほか一品多し、寿司まである。野菜が多いのでよいが、けっこう塩味は濃い。なかなか混んでる。酒の種類も少ないし、よく割り切った店と思う。




Gastro Pub Tadg's」 木屋町御池上がる ビアハウス?
日本の地ビールいろいろありますが高い。そういうのを飲むのが趣味というんじゃなきゃハートランドでいいと思う。テーブル席の低いアイリッシュパブの感じだが、注文はテーブルでとってくれます。いわゆるガイジン率が高い。目の前でどんどん旅行客が入ってくる。やってるのもカナダのひとらしい。春画展にいった昼下がり、ハートランド何杯かのんでフィッシュアンドチップス小食って3K。



味呂」 出町柳 居酒屋
柔和な感じの70前後の和服女性がやってる、絵に描いたような居酒屋。おでんはいいが、蛸をオーダーしてから煮るのなら、下味つけてそこそこ煮たものをつかってほしい、ぷりぷりしてるのが好きなのか?おでんいろいろに軽い一皿お燗 2本で 2Kちょい。店の隅っこにはギターがおいてあった。しかしこの雰囲気はいまやむしろ旅行者向けじゃないか



Silver Moon」 バー 大手筋
商店街から50mほど外れる、ちいさな商業ビル2階奥。黒いベストのバーテンのいるカウンタに、そこそこひろいテーブル席、このかいわいにめずらしい、おちついたきれいなふつうのバー。オーセンティックとまで気取った感じはない、つか客そのものが京都市中とは違いますからね。あるじは40くらいか、客層も30代なかばまでに見える、そらこのへん、それより上は家に帰るわな。酒の種類は多いし、グラスで800円程度からあるので、そう高くもなかろう、グラス3にチーズで3K。キャッシュオンデリで払えるし、使いやすいとは思います。




ところで、やはりこのあたりでされていたバー「キングスクロス」は、ご主人がなくなって閉店した模様、ちがったら教えてください。

福せん」 築地 うなぎ
京都でもよく見る、丼用途と思われるべちゃべちゃの蒲焼です。それにしても寿司大の行列は、あいかわらずすごいわ。




既出
重兵衛」「花涼ん」「アサヒスーパードライ京都」「珉珉」「Majorica」「アシュクルク」「天理 淡水」 「並木通バル Del Sol」「銀座バー MOD」かわらず。
オシザーブル」 フォアグラあいかわらず美味。
天房」 築地から移転も近くなり、移転先の店の割り当て図がでていた。



「榛原 旭亭」 ではまた来季。
洋食 白扇」 ビフカツなくなった
Agio Iichanchi」 どこに座っても振動する。
先斗町かっぱ寿司」 いまさら気づいたが同伴ばっかりやな。
Il Lampo」 アジアアメリカでスポーツのプロモーションしてる会社の、ボクシング担当というひとがイースター休暇で日本に来て、1週間京都にいるとかいってビールを飲んでいた。シガリロ吸ったら店の人に香りの強い煙草はといわれたところで、marlboro 分けてくれたのであった。ロンドンからきたというがオーストラリア人のような訛り、私の悪い耳では Las Vegas がききとれなかった。しかし文法はわかりやすいのはアジア人相手にも商売してるからだろう。もともとボクサーだが C5 がいかれた、それまでにもあちこち切ったり折ったりしたそうな。妻子にメイドまで連れて隣のロイヤルホテルに3部屋、京都観光はMKのマイクロバスだが一日2万5千円それを7日だとぼやいていた。バギーで観光できるだろうというと、乳児をかかえて動くのはちょっと、という。中国人観光客が多くて食事の時、たぶん朝食ビュッフェなんだろうが、つばを吐きまくるのがたまらんと。携帯はあれ Blackberry だったのかな。サンフランシスコの話をすると、オークランドに行く BOAT という鉄道があるといってた。あれこれと、いってることの真偽のほどはわからんけど、面白かった。備忘。

いった店 鮎やら鰻やら2015/06/01 16:09

比良山荘」 高島 鮎
鮎の有名店。庭の池には黒い鯉が飛び跳ねていた。
山菜、イワナや鯉の刺身に、鯉こく、冬には熊も出るそうな。いや料理されてです。琵琶湖鰻の鍋もあってよいものであった。
鮎というのはなかなか脂っぽい魚で、子持ち含めていただき腹いっぱいになった。苔のような青々しい香りには乏しかったが、雰囲気など総合点としては高い店なんじゃないですかね。
なんかの会でいったものですが、交通費と飲み物入れての会費から考えて、たぶん20K弱くらいのコースだろうと思う。



京都市街地から途中トンネルぬけて朽木へむかう道ぞい。
安いタクシーで6K程度は、4人で乗合にすればバス並みの値段になる。つまりまあバス運賃も高いということです。
すぐそばの明王院の裏が武奈ヶ岳との最短ルートで、昼過ぎには登山客がぽこぽこ降りてきていた。30年近く前私もここに降りてきた、そのときは、琵琶湖側にロープウエーがあり、スキー場も生きていて、このへんの道路は造成中だったように思う。往時茫々。

既出
能登」 琵琶湖鰻白焼きにありついた、感謝。鮎はいい香り。鮒鮨のコメのところでつくっていただく具なしのおつゆが好きです。 「喜六 豊崎本店」 目の前で鰻を割いていただいた。一匹を白焼きと蒲焼にし、あとはビールと炊き合わせで 4Kちょっとです。ガスロースターなのは致し方なし。この店教えてくれた姐さんは行方不明。 「大興寿司」 大阪市立美術館のついで。この値段の寿司に文句は言わない。子連れで来た頃が懐かしい。 「アシュクルク」「花涼ん」「重兵衛」 よろしいです。 「Il Lampo」 日本のレモンでつくったものはリモンチェロと呼ぶのはどうかと思うよ、種類そのものが違うのだし、レモンリキュールというべきものではないのだろうか。揮発成分のせいか非常に辛かった。

いった店 鰻再訪 なくなった店 「寄生獣」感想2015/02/07 21:44

遠出したり人にあったりして外食回数増加。

まるや 名駅店」 名古屋名鉄百貨店レストラン街 鰻
映画「寄生獣」のあと入りました。23時までやってる。映画の前、夕食時間帯に入ろうとしたらえらい行列だったのね。名古屋風、しっかり焼いた甘みの強い鰻です。ウェイトレスはみな155センチくらいだが採用身長基準でもあるのかね?




「山本屋総本家名駅店」 名古屋名鉄百貨店レストラン街 味噌煮込みうどん
上記まるやがいっぱいで、映画見る前に入った。うどんがしっかり硬いね。きしめん系のほうが好きですがまあ好みの問題。具はさまざまで、ねぎと揚げのみのものからあるのはいいですが、それで1K超えはちょっと高いかな。


既出から
淡水」 天理。ごはんにタレ混ぜ込んだ鰻重を私があまり好きではない理由に、ここで鰻重コース食ってて、やっと気づいた。まんべんなくたれを混ぜるまむしは、どうしても、ちょっと冷めてしまうのだな。しっかり熱いごはんで食うのが私にはよいようだ。蒲焼ごはんじゃタレがかからないし。 旭亭」 榛原。だからここでも、ひつまぶし(並)を食って、私は仕合せであった。今期あと3回は食えるだろう。 彩華ラーメン屋台店」 天理。便所がないのがちょっと困ることあり。 天房」 築地てんぷら。まえからの店内の貼物がどんどんなくなり、単品の表示もなくなった。移転で規模縮小? オ‐シザーブル」 六本木。トリュフ尽くしいただいた。なんとなくトリュフの味がどういうもんなのかわかってきたような気はする、好きかどうかはともかく。

なくなった店
HUB京都京劇店」 京劇のビル取り壊し予定で終了。日を勘違いして、私がいったのは、店のなくなった翌日だった。2階席の景色が好きだったし、アサヒスパドラになくなったフィッシュアンドチップスがこちらにはあってよかったんだが。


で、感想ですが、映画「寄生獣」。ネタバレ注意。

もとのままつくったんじゃ尺が足りないし、ただでさえCG多いんだからCGせずにすむところはすましたいというのもわかるので、プロットというか人間関係やストーリーの変更、単純化は仕方ないと思う。むしろよくやった
役者もそこそこちゃんとやってるんですよ。橋本愛はよい。
でもなんかなあ。もったいぶったセリフが多いし、「地球上の誰かが」を繰り返しすぎ、そのわりに響いてこない。カメラワークも映画のようなテレビのような中途半端さ。
仕上がりや原作とのギャップの印象としては「奇談」に近い。がんばってんだろーけど、それだけに駄目も目立つという、、、せっかくなのにね。

ミギーは、どう作ったって不自然なんだからこれはこれで仕方ないか。こんなことに文句は言わない。
母親の、体だけが勝手に動いてシンイチを守る、というのはジャイアントロボ以来の日本製見世物のパターンですが、こういうのがいけない、こういうフィクションは、基本のウソ以外の細部が科学的に説明できなきゃどうしようもないぞ

原作知ってるからまあ面白かったが、原作知らなきゃ、ノれずに終わりそうに思う。
原作に忠実だけど作画がどうしようもない、いまやってるアニメ「寄生獣、生の格率」もどうかと思いますが。
映画としては、キムタク版ヤマトよりはまし。あっちはあっちで笑えたとはいえ。
4月公開の後半分も見に行こうとは思います。

いった店 奈良と大阪の鰻ほか2015/01/22 22:22

外食減らして絶賛減量中、お店にぜんぜんいっておりません。それでも、香港では食ったし、会とかで食う機会はあるので、年末年始横ばいからちょっと増傾向。

旭亭」 宇陀榛原 鰻
この場所なのに江戸風らしい。かりっとしてなくてやわらかい。
うな重にすると、ごはんはタレを交ぜこんだまむしになる。白ご飯がほしいなら、ひつまぶしにすればいい。単純な鰻丼はメニュにみあたらず。
肝焼きのたれがえらく炭っぽく苦かった、たまたまか。冬の間行く場所の通り道に鰻のお店があるのはよかった。




きろく (き(七を3つ重ねた)六)」 中津 鰻と居酒屋
うなぎ、注文すると手早く割いて焼いてくださる。蒸さない大阪風、ロースターでやるのは仕方ないか。




いかついけどようしゃべる、あるじと奥さん。ええもんは相応に高いが、安いおそうざいもなくは無い。近所の姐さんに教えてもらった店。
白焼きうな重に、つきだし野菜小鉢酒ちょっとで5Kほど。
最近の鰻高価については、うちは専門店じゃないから他のもん出すけど、それしか出せない専門店は大変やねといっていた。

白水」 山科 餃子
書いてなかったか、10年近く前に、銀閣寺道の「白水」が休業してた折行ったことがある。阪神高速トンネル口が近くにできたが、特にいいことも無いように見えます。
通りがかって、ラーメン食った。まあ、ふつうのラーメン。おばあちゃん大変そう、餃子食わんですまない。

既出
能登」 長浜。養殖ですがすっぽんにやっとありついた。ほんもろこも新潟のマガモもうまかったです。 「花涼ん」 伏見桃山。このあたりも和食風の店が増えたしがんがれ。 「松葉」 大阪駅。まだまだやめそうにないな。

いった店 なくなる店 グリル花 再開する店 ハマムラ2014/09/12 20:12

Tiem an HUONG VIET / ティエム アン フォーン ヴィエット」 ベトナム料理 押小路
たしかに自家製というフォーの味は乾麺とは違うが、歯の裏にへばりつく感じで、私は乾麺のほうが好きだなあ、ごめん。慣れるとこれがよくなるもんなのか。
牛肉はやわらかかったし、味は好きですよ。名の通った、前からの店。遅めにいってがらがらでバイト娘が接遇してくれたので、うわさに聞く、あるじの接遇は、おめにかからず。

なくなる店。
グリル花」 長浜 
今月いっぱいだそうです。とても残念です。
ビフカツサンドダブルを食った。やわらかくてうまい。これももう食えなくなる。つか今後のこの地での晩飯どうしよう、、、、

ここの裏、というか、大通側の、以前居酒屋横丁があって火事でできた更地にも重機がはいっていた。いまさら飲み屋街にせんやろうが、しかしまわりにクラブもあったりする、マンションもなかなか売れない立地になにができるんだろうか。

ところで、
河原町のハマムラ、府庁前に移転して、19日開業だそうです。丸太町釜座あたり。
チャイニーズレストラン ハマムラ」、楽しみにしております。

「能登」にて、また琵琶湖鰻にありついた。ラッキーでありました。来年は食えるかねえ、、、


にゃあが止まって、再開したと思ったらまた止まりっぱ、DDOSらしい。困るなあ、、、、