さてもうじき猟期2018/09/03 20:42

秋になってきて、10月には北海道では猟期になる。私のあたりでは11月まで待ちます。
山や木立のなかをだらだら歩く季節がもうじき来ます。

私はめんどくさがりなので、散弾でも狩猟用に12番と20番の2口径がべつべつにあるともう面倒でして。
実弾はすべてノートをつけなければいけません。私はエクセルでやってます。
クレーだけならせいぜい2種類で、消費も読めるので在庫少なくして回転させていけるのが、狩猟用となると、クレー練習用弾にくわえ、スラッグ弾に、猟友会はやめろといってるけどバックショット、鳥撃つのに5号弾とかになり、しかも獲物が出てこなければ使いどころもないので、装弾ロッカーにそこそこ長く居座ってくださることになる。
口径が多いとハコも多くなって、なんかのたびに確認で数えるのも手間。
銃刀法上の手続きについて、面倒という単語を出して、所轄担当に怒られたこともあります。
手順が多いとエラーが増えるのはちょっと考えたらわかることです。エラーを少なくするのがインターフェース設計の重要点なんだから怒ることないよねえ。

で、BerettaA400 XplorLight 12番を知人にドナドナしまして、新品でみつかった BerettaAL391Teknys 20番22インチスラッグ銃身つき、を購入しました。

いまどきそんな前の型の新銃が、つー感じですな。
まず、目につく、ガンネットだのムック本だのにでてくる銃砲店のウェブサイトにいって在庫品をチェックしました。めぼしいものは見当たらず。つぎに、銃ネット販売をうたいながらウェブ上で品目表示のない店に、在庫についてメールで問い合わせたら、あったのですな。
問い合わせたのは「ウリカ、20番径スラッグ銃身付き中古ありませんか」で、順繰りにだしたメール3軒目から、「ウリカはない、テクニスなら新品がある」という、きっちり商売する気のレスポンスを頂いたのでした。

AL391テクニス、ひと世代前のものです。ずんぐり、という印象。
もともと所持の12番径 A400XLのほうが、持ってスリムで軽快だし、回転も速いはず、つか、このA400自体は文句ない銃であって、せめてクレー射撃用にもっておきたかったが所轄がダメというので手放した。あれこれあると面倒というのが新銃を買うそもそもの動機なので、あらそう気にもならず。
A400 では20番スラッグ銃身が商品として出てない。それ以前に、20番22インチスラッグ銃身自動銃が目につくメーカーから出てないんだから仕方ない。出たらさっさと乗り換えるかもしれない。最近雑誌でよくみるマロッキも24インチです。
というわけでベレッタの22インチスラッグ銃身つき自動銃、買ったのは、栃木の銃砲店さんです。たくさん入れたので新品があるといってられた、まだあるかもしれない。

これで、上下二連ミロク2700MC とともに、20番でやっていける。
12番の弾数を数えなくてもよくなった。エクセルの表がずんと狭くなりました。

つぎはエアが、あらためてほしいところ、、、私は、ヒヨとか、小さい鳥をとりたいのです。
私がいままで手にしたことのあるFX社でいうと、4,5mm のマガジン付きが現役ではFXサイクロンしかないのだなあ。これにいまさら手を出すのはなんか悔しい。中古で見まわしても、メーカー廃絶したシャープばかりだ。FXストリームラインも日本向きは4.5mmはない。FXクラウンなど、むしろ大口径流行り。
ほかのメーカーを考え、単発だが口径のかえられる、エドガンのレシーの話したら、ベテランに鼻で笑われましたよ、そんなもんなのか。
銃の数はあまり増やしたくない。面倒ですからね。
なので、いろいろ迷っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2018/09/03/8955698/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。