雑感いろいろ2017/07/20 22:14

暑いし頭動きませんし、ちょっと思いついたことだけ書いときます。


白内障手術の器械(フェイコマシン)更新予定で比較中、Nidek AMO Alcon と比べていますが、いやあ、、、値段のもんです。どこで線引くかになってしまう。最後までいったら、また使用感を。
B&Lも比べたかったが、動きがあまりよくないようで。まあ営業の人数がねえ。

安倍内閣が一転叩かれまくってますな。
なんであそこまで稲田さんをかばうのかようわかりません。位負けさせてつぶすほどの人材とも思えんし。
もりかけ関係の報道が相当に偏ってるのは気に入らないが、秋葉原で「あんな人達に負けるわけにいかない」といってしまったのはいけなかった。
党首としてはそうかもしれんが、首相でもあるんだから、もっと融和的にやらないと。そんなところでトランプ真似んでも、、、
加えて、こんな件にいちいちという感じで記者会見してた菅さんが、えらそうに見えたのもよくない。
いったんそういう印象ができると、挽回はなかなかむつかしいですよ。
代わりの受け皿がまともにあるとも思えないのでもうちょっと頑張ってほしいとは思うのですが。

て、民進党首。公選法に違反してなかった証拠を見せればいいだけの話に、迷走が過ぎる。これを擁護する人もどうかとも思うが、おもしろいのでとことんいってほしい。みずほタンとは違う形で党を滅ぼすところを目の当たりにできそうな。
これをちゃんと明らかにしろと求める党内の動きに「利敵行為」と言い放つ有田氏は、どの口で相手に「正しい」ことを求めるのか、ダブスタもええとこです。
しかしまあ、求める党員も、泥船から逃げる口実ほしいだけのような気がしますが。

ドローン使用中。DJI Spark はジェスチュアが売りのくせに、きっちりジェスチュアを説明したものをみない。
日本家屋内では空間が狭いし、300gなので屋外では制約あり、それに屋外でジェスチュアしたらどこ飛んでいくかわからんのでちょっと困っています。
広めの宴会会場で記念写真につかってウケをとるのが正しい使い方かね、高価いなそれにしては。

京都縦貫道の宮津より先が、大宮までできていた。丹後半島にいくのに、宮津から岩滝経由でいってたもんですが、岩滝から狭い山道をあがっていく必要がなくなりました。
30年近く、京都市内から経ケ岬に夏遊びにいっていますが、ほんとに道がよくなった。このインフラ、いつまで維持できるのだろうか。

いった店 アムス ブラッセル ほか2017/06/01 00:05

オランダ、ベルギーにいった。ネーデルランド派の本拠地だけあって美術館だけで足の皮がむけて歩けなくなりました。

Cafe Luxenburg」 アムステルダム ダイニングカフェ
当地の名物のコロッケ食いました。コロッケは皿に6つで、皿は7から11ユーロ。雨のしのつく日で、外の席は笠の具合次第。




Restaurant Lt Cornelis」 アムステルダム レストラン
モダンなコース、皿の上のみばえはきれいです。そんなに重くはなく前菜2メイン2飲み物で2人90ユーロ。ネット予約ができるので来た。内容に特に不満なし。




「'T Kelderke」 ブラッセル レストラン
お昼。広場に面して半地下、本に載ってるせいか日本人多し、フレンチフライそえ牛バラビール煮、コロッケ、サラダに飲み物で、2人70ユーロ弱。特に不満なし。




あとは日本。みな京都あたり。

ゴッチーズビーフ」 熟成牛肉
京都駅前の京都タワー地下に最近できたフードコートにある。ここ、あうは入るけどみかかは弱いし無料wifiくらいないと観光客向けにはあかんのでは。回転寿司に客がいないのが目を惹いた。




ビフカツいただく。勝牛ほど浅い揚げではない、熟成生肉系。




CafeTiger」 喫茶 府庁近所
用事のついでに「茶の間」でカレー食おうと思ったら通りが違った。お揚げの入った野菜カレー、玄米にのってくる。具も、玄米も、やわらかい。酸っぱいピクルス系漬物だけではカレーに合わないと思う。落ち着ける町家カフェをいまふうに演出した感じ、やってる人もバイトに見えんけど若いし。いらんもんが抜け落ちるのにまだ時間がかかるか、それまでに必要なもんまでなくなるか、まあ頑張ってください。




吉兆松花堂」 八幡
庭付き。団体の施設予約でしたが、さすがの吉兆もこの状況だと食堂やな。それでも十分高価いんですが。




写真ないですが、

祇園
にし」 とくおさんの出の若いご主人。貸し切りグループでいったらえらく食材よくて、普段がわからない。
はな島」 やましたさんの出、ワイン持ち込んだせいかかなり洋風な出し方をしてくれた。
いずれも、特に不満はありません。


いった店 台湾台中 感想 「キングコング」2017/04/05 08:54

4年ぶりの台北では、既出中央市場」にいった。一皿余分に出てきたような気がする、どっかに被害者いるんやろな。




台湾ドルも高価くなってきて、関空のいいレート選んで4円、カードなら3.8円。
一皿100元は決してすごくは安くない。注文4皿にビール2で5‐600元でした。
夜の10時過ぎてからずらずら一人で皿並べた私も私ですが。
食いきれませんでしたが「食わんの?」と店員に仕草された。
まあひともてなしてるんじゃないし、一人でなんでこんなに注文する、というのは当然の疑問。

台北は遅くついて飯食って泊まっただけ、連れたちと台中で待ち合わせたので、蛇を食う余裕もなく。早朝移動しましたが、高鐵使いやすい。自動車も台鉄も右通行なのに高鐵だけ左なのだね。
以下、台中でいった店。

台中肉員
千と千尋で、豚になる前の父親が食ってた、たぷんとしたもののモデルと言われる。肉をでんぷん質のものでつつんで揚げたりしてるようです。うまかったけど撥ねが飛ぶね。





鼎王麻辣火鍋
市内に3軒あるようでしたが、公益路の店にいった。若いチーフスタッフの深々としたお辞儀はパフォーマンスに近い。お辞儀を返すのは日本人だけらしい。
日本でもありそうなコンセプト火鍋屋。
台湾人レセプションが日本人並みに英語出来ない、わからんことにはとりあえずイエスというし、ちょっとトラブりかけた。
味をマイルドで設定注文したらぜんぜん辛くない。店は東京にもいくらでもありそうな雰囲気なので、くさいもんが好きな向きにはどうかなあ。




台中市役所カフェ
市役所のむかいでむかしの建物を利用してる。いい感じの喫茶、食事可。急須に葉がない




宮原眼科カフェ
むかしの眼科医院の建物を利用してる。目医者ならいかんとw
図書館ぽい内装は、ハリポタの校舎の感じがした。






路面側の店のアイスクリームが有名なようで絶えず車止めて買ってる人がいる。中のおしゃれなカフェは食事っぽいこともできますが、ここも急須に葉がない



以下、ネタバレします。

映画 「キングコング: 髑髏島の巨神」
陸上未確認巨大生物という訳で「ムートウ」も出てきて、そもそもキングコングはムートウを退治する側という話。なんかハリウッドゴジラやなと思ったら、今後そっちにつないでいく模様。極秘組織のモナークもでてきた。マーベルのヒーローもの映画のような感じで怪獣勢ぞろいかな。あの壁画はどうみてもキングギドラ。私としてはモスラさんが気になる。
原住民のでかい砦のような木造ゲートはいちばんはじめのキングコングからの踏襲で、とてもいい感じですが、キングコングじゃなくムートウ対策というのがなんだか。あそこにキングコングが立ちはだかるのがいいのに。
キングコングがヘリ相手に戦うところは、エヴァ旧劇の弐号機そのもの。監督が日本のアニメや庵野さんのファンらしい。
シンゴジラなんかは国外で一般に売れる要素はないけど、こういう制作サイドのコアなファンのおかげで、日本の特撮アニメが、世界市場での一つの流れになっているのだなあという感慨。ハリウッドゴジラでも感じましたが、平成ガメラがこうもバリエーションを生むとは

長くなったので以下にあったけものフレンズの感想は別項目にします。

海外旅行時のデータ通信2017/03/21 19:47

知人たちがいくのに部分便乗して、この連休に台湾にいってきました。まったくのオルターナティブジャパンで、楽ですが外国の感じがしない。
飯はうまいです。

いまどきの旅行は、データ通信必須、あったほうが格段に動きやすい。

そこで、今回は今後の旅行のことも考えて、データ通信手段をいろいろ揃えて比較した。

前提、私のもっていったポータブルのネット通信機器は以下。

NTTdocomoのガラケーらくらくホン、i-modeがおわり、かわりにsp-modeが入ったのですが、いまさらこんな端末でやらないよねえ。念のためデータのやりとりせんように設定。
AUのiPhone、一番手軽、アンロックしてません。テザリング可能ですが、今回はデータローミング自体を切った。海外ではあっというまに一日上限2900円になる。
Zenpad8 アンドロイドタブレット、ふだん格安MVNOデータ通信SIMいれている。テザリング可能。今回、SIMは切って、まるっきりwifiのみ使用。
Surface3 LTE、窓ノート兼タブレットPCよく変な動きををするので、最近ほとんど使わない。
小米の紅米4 香港でおもしろがって買ったスマホ。テザリング可。きっちりした日本語化はandroidSDKがようわからずできてませんが日本語表示や入力は可能なところまではもってきた。バンドはアジア重視。

以上はすべてUSB充電

(注記) ほかに、PanasonicRZ6 LTEモデルもっていますがコンセントからの充電になるので今回パス。ふだんはこれに格安MVNOデータ通信SIMいれています。ちゃんとした窓マシンで、実は Surface3 にうんざりして、SSD容量の大きめのモデルが限定だったのであわてて買いました。

そして、以下のものでデータ通信。
1)グローバルモバイル(イモトと思ったら違うのねw)のポータブルwifi レンタルした。3日2900円ほど。
2)紅米4に、桃園空港で台湾大哥大の3日使い放題通話+データSIM値段300NTを購入。
3)Surface3 に、世界中で使えてネットでチャージ操作できる mightySimのデータ用SIMを事前購入して使用、日本や台湾のZoneはちょっと高くて 200MB 2900円(だっけ)。どうせ私の使い方では使い切れない。

結果、どれもちゃんと使えたし、空港で買ったSIMいれた小米も、テザリングにも不自由なし(まあ、あたりまえ)、カウンタの兄ちゃんが頼んだのにアクチベートしてくれてなかったので、待ち合わせのための会話がはじめはできず一瞬困ったけど。

そして、ポータブルwifiも紅米も、wifiはりっぱなしでは朝から動かして午後おそくにはバッテリがもたない。その都度はるのでいいのですが、あえてつけっぱにしてみました。
そいつらから出しっぱなしのwifiをうけるだけの状態では、Zenpad8もiPhoneもいつもよりもつ。モバイルデータ通信と都度wifi探すのは電気食うんやなあと思った。
Surface3 はホテルに置きっぱなしになった。ホテルならいまどきたいがい無料wifiある。窓ノートマシンのインターフェースはあったほうがいい。それでも、電車移動や空港で触ってるうちに60MBくらいは消費、まともな窓のインターフェースはスマホ前提のOSより通信容量でかいのですかね。

で、結論としては、今後を考えると、私の場合は iPhoneをアンロックして現地のSIM入れて各機器にテザリングするのがいちばんええかな(爆)ポータブルバッテリ必須
mightySim は、 androidタブレットのほうに入れたらテザリングできるので保険にできるか。素直にデータSIMも現地で買えばいいといえばそうですけど。
SIMの入れ替えをあまりしたくないので無理に今回いろいろやってみたのですが、入れ替えるのが賢い奥様でしょうかね、なくしそう。

デジカメもあるし、旅行は充電と大容量バッテリが最重要になってしまった。
通信機器は電気食い続けるのでどう整理したものか。

行った店 マルタ2017/03/06 18:49

正月のマルタ共和国です。今頃ですが。

石垣島より小さいが、石畳の市街地みたいなところから緑の丘陵までいろいろある。
石器時代からの巨石遺跡もあって、まあ面白かった。3‐4日の滞在にはちょうどいい。2度といかずにすむ。
南欧ぽい景色にアングロサクソンがごろごろいて英語がふつうに通じるのは奇妙な感じではあった。

温度は上が15度でしたが、年配のアングロサクソンおっさんが岩場や浜の浅瀬にぷかぷか浮いていた。体のつくりがちがうとしかいいようがない

GUZE Bistrot」 Valetta マルタ島
ちょっと小さい店で、前日ネット予約したのですんなり入ったが、その場で断わられる客がそこそこいた。人気店なんでしょうな。
ウサギのコロッケは肉たっぷり、うし肉もうまかった。そこそこ食ってグラスで飲んでひとり50ユーロ。




Ta' Rikardu」 ゴゾ島
ゴゾ島の、砦の中にあるので有名、感じはにぎやかな定食屋。ランチに行った。ウサギの焼いたのと、チーズの入ったスープ、文句は特にないです。混んでるが、ちょっと待つと座れるようです。一人20ユーロ。
この店の名の入ったワイン買ったが、どこ製なんかね。




Ta' Kris」 Sliema マルタ島
狭い中心部の裏通り、とおりがかりに、翌日の予約した店。そのときは新年パーティーしてたようだ。
1月2日にいって、やはりいっぱい、つぎつぎと断られる予約なし客。でも、空いた席に、何時までならとかいってときどき入れてたし、がんばるなあ。メニュにないサラダもつくってくれたし。おいしくいただいて文句はない
一人30ユーロ。



Oggi cafe」 Sliema マルタ島
港の前のオープンカフェ、ふつうにイタ飯。


ミラノ風カツレツがあったので思わず。




Filippe」 Marsaxlokk(マルサシュロック) マルタ島
ガイドブック見て。漁港で魚は新鮮というのですが、カルパッチオのマグロはあきらかに解凍もの。イタリアンレストランを名乗る。




ところで、バレッタにへんなショウウィンドウがあった。ドライウェアかスポーツウェアなんでしょうが、日本語だけど日本人がやってるとは思えない。ここにもあるということはヨーロッパじゅうにあるんでしょう。


行った店 ビルバオリスボンポルト 京都2016/08/30 08:58

ポルトガルに行くのにビルバオ経由。ビルバオは、昨年いけなかった旧市街。一泊してのんびり飲み食いするのによいです。アジア人少ない。
ポルトガルも、アジア人は少ないが中文の案内がちょこちょこあるのはマカオがあったからか。ちいさなスーパーも中国系だった。リスボンはしつこい掏摸がいて印象悪いです。

Rio-Oja」 ビルバオ
まわりはパンの上になんかのせたピンチョスの店ばかりですが、ここは煮込みの皿がずらずらならぶ惣菜居酒屋、オーダーすると、平鍋から小皿にとって電子レンジしていた。イカスミも豚テールもよかったし、腹減らしていってだらだら食いたい。





Los Fueros」 ビルバオ
広場北に出てすぐ。サラダといってもグリーンじゃなきゃ、肉とかがメインになるのね。エビも魚もちゃんと頂けました。サーブもよい。




Mercardo da Ribeira リベイラ市場」 リスボン
Time-out market とか書いてある。フードコートができている。市場やってる空間の隣の広間に、ぐるりと店があって、テーブル席のまんなかにビアサーバやワインカウンタもある。






寿司屋は、テイクアウト部門のこちらに向いてないあちら側にカウンタもあってそこで食ってる客もいた。まあまあ食える寿司であった。ほかタルタルステーキ、生ハム、エビのアヒージョなどをあちこちで頼んでは食った。食い過ぎ




Gambrinus」  リスボン
広くて古い感じ、賑わってもいない。初老ウエイターたちがうろうろ。変なおどけ方しながらサーブするプーチン似のおっさんなど、こういうサービス業で歳食っても堂々とやってられるのはとてもいいこと。チップ制度だからか。






海鮮料理多いということで、棒ダラ(バカリャウ)やロブスターなど頂いた。入り口あたりには氷の上に海産物を並べている。文句はない。


Tripeiro」 ポルト
客は観光ブック見て来た人ばかりの感じで、それなりにいるのに寂れた感じがする。アジア系のグループは子供もうろうろするし、サーブはあるじらしい人と背の高い黒人の2人でなかなか大変そう。売りの臓物煮込みは悪くなかったけどねえ。向かいの店はにぎわっていたw




Lameiras」 ポルト
地元の食堂ぽい。定食充実、ものによりハーフサイズもある。ここにも臓物煮込みがあった。あぶり豚食ったけど。いい感じです。




テーブルには客ごとに紙をしき、そこにオーダーを書き、精算時その部分をやぶって持って行って計算していた。




Kirosushi」 リスボン
オリエンテ駅前のモール4階、寿司はぜんぜんだめ、チャーハンは食えなくもない。




翡翠」 北大路堀川 洋食喫茶
広め古めの喫茶店、40年前にはすでにあったとの由。蚊にかまれたたくさんメニュあるが、メニュ帳、追加していったとおぼしい品目のにぎやかなイラストはどこの子供が描いたんであるか。




ビフカツ、安い薄切肉を重ねもせず、厚い衣でかりかりめに揚げている。むかしふうであまり美味しくもない、しかし貴重な代物、似たものは15年前天理の「新世紀」なるきたない洋食屋で食ったが、あれよりはずっとまし。



いった店 大分など2016/05/13 09:03

JYUJYU」 コリアン居酒屋 大手筋
Silver moon の北の方。きれいな、いま風の店内、汁なしの冷麺も歯応えのある唐揚げも旨く、飲み物いれて2K ほどで、お手頃価格。焼肉屋じゃないのでくさくもない。カウンタはあるけど、一人では間がもたないのは仕方ないか。
昼はランチやってる。石焼ピビンバはごはん少な目コチュジャン多めでやるのが私の好みっぽい。もやし少な目かな。生中も飲んで1.3K ほど。




元町ラーメン」 烏丸寺之内
「うさぎや」がいつのまにかなくなり、店内ぐっときれいになった。「さまた」みたいなアットホームさはない。北の方からやってきた店らしい。みるからにバイトふうの2人。たまり醤油ラーメンベースで、ほか、背脂入り、白っぽいの、の3種のよう。たまり醤油ラーメンは、鹹い黒っぽい味噌ラーメン風味。650円です。単品がなく、日曜もやらない。

祇園丸山」 祇園 京料理
そこそこ有名高額店らしい。おいしくいただいたが、それより、建物というか空間の作り方についてのあるじのご高説が面白かったと思う。酔っていてほとんど忘れたけど。ワインの会で、ワイン込お昼25Kでいただいた。




RUMAH cafe」  大手筋北 インドネシア料理 
町家のなかはおおざっぱにくりぬかれて、それっぽい椅子やらカウンタやら。インドネシア料理自体をあまり知らないのでなんともですが、私の好みからすると、香料のあまりない、味のメリハリもないナシゴレンや鶏汁ビーフンをいただきました。ひとり1K円まででふつうに食えるし量はわるくない。




愛甲うなぎや」 延岡
車でてきとうに走っていてみかけた。ここの蒲焼自体はあまり好みじゃないが、鰻も青ネギもきざんでまぜてわさび風味でご飯に載せた「愛甲丼」は面白い。




しそを重ねたうなぎのカツだの、専門店でないとできないがあえてそうしない類のものがあれこれあって、近所にある人は羨ましい。




店内カウンタには、鰻のょぅ魚、稚魚から育てるのはタイヘンだったそうな。




高千穂牛レストラン 和」 高千穂
鉄板にのせられてきたステーキはシャリアピン風。サシの入った、よいお肉ですが、ミディアムより焼いてもらっても香ばしさがない。焼き肉も出すが、これもつまりは客に自分で焼かせているだけ。農協施設にある、町おこしレストラン風。しつこいですが、温泉地のマッサージに通じるものがあるような。ちゃんとしたオーベルジュを探せということやったか。ひとり5Kくらいまででなんとか。




東洋軒」 別府
中華料理店だが、大分名物とり天ぷらの本家発祥のひとつを自称する。このとり天というやつ、中華風天ぷらで、関西人なら、これは王将の「軟炒鶏(エンザーキ)」みたいなもん、といえば方向性がわかる。この店はほか中華一品がいろいろあるが、われわれ含めほとんどの客はとり天食っていた。ほかに、おこげ料理と刀削麺も食ったが、いいんですけど味がえらく濃いのはまあ地域性なんかな。
ずいぶんな行列、駐車場整理もしてたが、存外に回転ははやかった。




いこいキッチン」 大分
ここのとり天も持ち帰りで、帰りのフェリーで晩飯にいただいた。
立ち寄り湯で話をした客から、ここのとり天が元祖やときいたそう。味付けは誤差範囲でないかい。




大分ですが、とり天で有名な「丸山」「アントレ」には、休みではいれなかったのは仕方ないとして、入ろうとしたらちょうどラストオーダーだからとあたまから蹴りだしてくれた、駅前アーケードの「ゆずの雫」。その時点では看板出してたんだから、1時間で閉めますけどいいでしょうかくらい訊いてほしい。昼過ぎて大分にたどりついて、どこの店もしまっていてやっと入れると思った身としては殺意を感じた。

既出
重兵衛」「花涼ん」「しん」「Il Lampo」「Majorica」「旭亭」「アサヒスーパードライ京都」 よろし。
天龍」 やはりスープうす味になったんじゃないかな。
亜樹」 ビフカツはソースで衣がぜんぶじくじく。
Clos de Vougeot」 この隣のスナック「そんぶれろ」がなくなった。大学のころちょっと所属した部のたまりばで、歌詞カードでよく歌った。91年、たまたまいったらご主人がなくなり奥さんが引き継がれたということだったが、それ以来入ったことはなかった。この通りには一気に更地も増えて、知った店も、この、 Clos de Bougeot さんだけになってしまった。文月、貴林、凱旋門、Arpeggio、かっぱ寿司、かりん亭、秋田家、ハマムラ、、、、
能登」 琵琶湖鰻が本格的に入荷してきた。今回のは相当歯応えがあった。

大分の温泉いくつか マッサージについて2016/05/06 00:07

地震前から予約していて、キャンしないまま当日が来てしまったもんで、高千穂や別府にいきまして。
いくつか特長的な立ち寄り湯に入ったので感想など。

ラムネ温泉」 長湯温泉 竹田
浴場には、いわゆる洗い場がない。蛇口や石鹸類があってミラーの前に座るあれです。以前から思っていたが、温泉に来るたびシャボンにまみれて体を洗う必要はないので、これはよい割り切り。立ち寄り湯なんだし。
32度の屋外浴場は、炭酸泉なものでつかってるうちに気泡が体中にぷちぷちついて面白い。低温なもので、のぼせやすい私もいくらでもつかってられる。
そんな低温のものに長いことつかっていていいことあるのかは知らない。体表の炭酸泡は、hypercapnea の作用はあるかもしれない。




明礬温泉 別府温泉保養ランド」 紺屋地獄 別府
灰色粘土質の泥の温泉。露天は、竹の棒をわたしたすかすかの仕切りありの混浴だが、むこうの小屋掛けの陰から女性は出てこないよ、子供がときどき肩までつかって様子見にでてくるが、男湯のまわりにあがった土手で男たちがみんな座り込んで全裸で女湯方面みてりゃ、それは女性も出てこないよねえ
泥をぬったくれば全裸でもわからないようなものですが、女湯のみんないる、小屋の陰の狭い領域は、つまり皆がその泥をつかうわけであまりきれいではないそうな(経験者談、私がみたわけではない)。
いまどきはもう混浴の露天なんて無理なんじゃないのかねえ。せめて、仕切りを一部板にして温泉池の半分くらいまでのばす工夫はしたらどうだろうか。
熱いにゅるにゅるの泥は面白い。いろっぽいものを想像したらしい作家の文章が館内にあった。細かい泥がこびりつくのか、これに入った後、服がすべて硫黄臭くなってなかなかとれない




ひょうたん温泉」 鉄輪 別府
砂風呂がある。指宿なんかと違って、自分で自分を埋めるが、べつに埋めなくてもじっと横になってると、地熱でどんどん温まる。浴衣着たまま入るので、ここは当然混浴、ペアで並んでたりする。
お湯につかって寝るわけにはなかなかいかないが、ここならずっと寝てられる




ほか、別府のおにやまホテルではふつうの温泉にも入ったが、泉質はよかったように思う。

いにしえの時代、保健衛生の未発達な頃、屋外作業がおおければ、多くのトラブルは皮膚表面からくるだろう。怪我の後の保清もできない状況で、温泉につかるのは、衛生上もよかったはずだ。熱い泥も炭酸も、皮膚表面の病原菌やダニ等に効きそうに思う。
そのほか、怪我の後遺症にしろ、高齢に伴う筋の拘縮にせよ、あたためて、こわばったものを緩めるのは有効な対策に違いない。
このとき、外力を加えて「ほぐす」作業があれば効果はさらにあがるだろう。

温泉にマッサージが必須と思われるのはここです。そこで、私もホテルではマッサージをたのみ、お湯につかって臨んだのであったが、、、、いまいちだった。

この時もそうだったが、どこのマッサージに行っても、たいがいは、もむだけ、ですね。気持ちはいいのだが、それっきりなのです。
加えて、「伸ばす」「引き離す」手順がないと、こわばった筋や靭帯は、可動性があがらないのではないでしょうか
こう思うのは、先日から、知人の評判をきいて出張マッサージを頼んでいるので、このひとはとにかく、引っ張って、伸ばそうとする。そのあと、たしかによく動くようになっている。痛いけどねw

しかしいまどき、よいマッサージがこういう有名な温泉観光地にあっても、リピーターのいない場所では宝の持ち腐れ。差別化にならないので、収入にもあまり影響なく、つまりそういう努力は、言っちゃ悪いが無駄になってしまうのではないかね。
良い温泉と、よいマッサージは、なかなか同じところにないのかもしれないと思ったものでありました。素材と料理人の関係も似たようなもんかも。
偏見すみません。

ああ、それと、別府は地震のせいで客が減って困っているということだそうで、それは確かにそうなのでしょう。ちなみに我々が泊まったのは5月2日です。どこも、そこそこ人はいましたが、本来こんなものではないという向きもありました。

「今の別府にとってお客様は(マジで)神様です」 大分合同新聞の全面広告が話題
The Huffington Post  |  執筆者: Huffpost Newsroom
投稿日: 2016年05月05日 16時13分 JST 更新: 2016年05月05日 16時13分 JST
「「別府は、今かつてない危機を迎えています」という書き出しで始まる広告文は、地震の影響で宿泊施設の稼働率が90%〜80%減という別府の厳しい現状を訴えている。また、「いつもと変わらず別府は元気です。元気でやっているのに、お客様の足が遠のいている。それが悔しい」と窮状を吐露。その上で、「来てくれること、それが何よりも別府の力になります」と、来訪を呼びかけている。」

気持ちはよくわかるし、これを報道の風評被害というひともいるようなのですが、でも、余震でときどきゆれてるのも確かなのであって、現在進行形でそこそこの頻度でゆれてるようなところに行きたくないというのも仕方ないんじゃないですかねえ。ゆれてるものはゆれてると報道するのも当然なんだし。
私がいる間も湯布院あたりでかなりゆれたらしい。家人は揺れを何度も感じたそうです、鈍感な私も別府の部屋で感じたかな。いやな人は嫌がるでしょう。

加えてです、お気楽な客の立場であえて書きますと、立ち寄り湯等、ほどほどの混み具合で、これより混まないと困るというならそんなに混んだところにいきたくないと思いました。

これを機会に、大人数ぶっこんで金にする方式からモデルチェンジしたらどうかと無責任ですが思います、それでどんどん落ち目になってるんでしょ。じゃあどうしたらいいかというと、どうしたらいいんだろうか、、、(笑

乙武氏をみたらしい2016/03/25 16:27

どうでもいいことですが、、、

なんか叩かれてるらしい乙武氏、週刊新潮によるとこないだの正月あたりにパリやチュニジアにいたそうですが、うちの一行3人が予約したレストランさがしてオペラ座の南のかいわいを歩いてる時にすれ違っていたようだ。
家内が、あれは乙武さんなんやろかとぶつぶついってたような。娘も見たというのですが、私はぜんぜん気づかんかったよ。

そういえばあとできいて、そんな特徴的な人間がたくさんはおらんやろうから、そうなんちゃうかと言ったような気がする。家内はこのたびの報道(なんていうのかこんなもん)見て、やっぱり本人やったんや、あれ奥さんとちごたんやあ、と改めて思ったそうな。
私は今回の記事もまともに読んでなかった。ほんまにどうでもいいことなもんで、でもまあ娘がわざわざ言ってたので備忘しておきます。書いとかなきゃこんな話すぐ忘れますからね。忘れろってw

プライベートなことでなんでこうもメディアが大騒ぎするのか理解不能ではあります。

いった店 パリ 凱旋門のカウントダウン2016/01/08 09:29

パリなどというところに、正月いったんですが、直前までスケジュール確定せず、数日前にレストランをネット予約しようとしたもののみなアウトで、飛び込みでいけるレベルの店にしかいっていません。

テロの影響というが、モールや百貨店などのスペースに入るのにけっこう広い範囲にカバン覗く程度のセキュリティチェックがあり、きっちり荷物もX線通し人間もゲートくぐらせる美術館がえらい行列になっていたくらいが、旅行者としての印象。地下鉄なんかはなにもしてなかった。


LA BISQUINE」 これのみパリではなくオンフルール 港沿いの食事カフェというのか。
モンサンミッシェルへいくバスで、昼ごはん休憩時に寄った。店が並ぶ中をくるっとみてまわって、ムール貝とガレットの両方が店先のメニュ板に明示されている店としてはじめてみつけたので。珍しい注文とも思えませんが。単純なムール貝一皿(どんぶり一杯)13.5E、ガレット10E前後。ふつうに食える。



LE BIS REPETITA」 オペラ座前の通りをルーブル近くのつきあたり手前までいって、日本食2軒海鮮屋1軒のその隣.。ここもおもてにテーブル並べて食事カフェというのか、よくある店。
ハンバーガー日本よりでかいけど2K円相当。クリームブリュレが焦げて苦かった。接遇はふつう。まー観光地なんやなあ。



NON COUPABLE」 宿の近所だったが、あちこちにあるチェーン店のカフェ、ファーストフードレストランというべきレベルのものでしょうか。
どの一品も1.5-2K相当が標準で、観光地値段はそんなにかわらない。量はちゃんとあるので、金のある人は普通に食えばいい。



LE RESTAURANT ELIOR ORSAY SAS」 オルセー美術館2階(日本でいう3階相当か)、ほか地階と5階にもカフェがある。
むかし駅だったころの構造を生かして、なかなか内装はきれいで天井も高く、広い。ここも値段はそう変わらない。フォアグラちょっと硬かった。豪華な雰囲気。



BISTROT VIVIENNNE」 ここだけMyBUSの直前予約、1月1日にいった。
観光ファッションアーケードの入り口にある。通りの左が本体、むかいの別館部分に回された。調度はそれっぽいが、椅子が小さくて困った。ひとり 60E で前菜主菜デザート飲み物が選べる。自力でいけば 40-50E 程度の内容ちゃうかな。愛想はいいけどそんなに接遇はしっかりしてない。正月に直前予約で入れるんだから御の字、直接でも入れたろうけど店よう探さん罠。



LE COMPTOIR DU RELAIS」 サンジェルマン ホテルの1階のカフェ食堂、おもてにはこの名前は出てないがホテルの名前でわかる。
知人に教えてもらった。夜は予約とれないが昼は並べばいいという。11時45分くらいにいったらすでに日本人ペアがいて、そのあとも、主に日本人で行列ができた。12時に開店。はじめからいっぱいにはならないが、12時半には満席。結果的に煮込み風のものばかりオーダーしたがここはなかなかおいしかった。メインは20-50E で、ちょっと高めですが、一軒くらい、せめてこういう店にいっとかんとねえ。



LADUREE」 マドレーヌ広場近辺のスイーツ。本店はシャンゼリゼ。マカロンが主力で空港にもおいてる。
パリのスイーツは、しっかり甘いが下品ではない。しかし、行列はたまらん。閉店間際にいくのがそもそもいけないが(と自省的日本人)、従業員は帰っていくしオーダーはひとつどっかにすっ飛ぶし、、、



パリ、もっと金出して予約すればもっと美味しいんでしょうけどねえ。パリまで行くのがまず大変。


ついでに、凱旋門でのカウントダウンです。

21時くらいに、シャンゼリゼ通にいったら、凱旋門の近所はもう、なかなかの人。警察が道路をあけさせている。



23時歩行者天国になる。、歩道からどっと押し出されて通りのまんなかにいたが、あまりにまわりがぎちぎちで、アンコが出る恐怖にかられて、ふたたび歩道上に離脱。人を押しぬけて出たので、けっこう露骨に嫌がられた。
音楽が流れる。あたらしげな曲も混ざるものの、むかしのシャンソン多し。雑踏の中ではぜんぜん違う歌を歌う中東系集団もいた。




23時45分ころより凱旋門に国旗プロジェクション、55分からカウントダウンぽく映像が流れて、映像にまじって数字もあらわれた。








自撮り多し、自撮りでSNSのそらぞらしさは、目の前よりも遠くにつながってる感が半端ないせいでしょうか。
カウントダウン終了とともに数分、2016 の表示が続いた。




で、だらだら帰っていく人々。あとなんかあったんかもしれませんが、寒くって。




深夜から翌日昼まではメトロは無料、ただし凱旋門からコンコルド広場の間の駅は乗り降り停止ときいた。

翌日のメトロはほんとに入り口通り放題になっていた。
入り口によっては、駅員が忘れたか午後おそくまでチケットのいらないところもあったようです。