雑感いろいろ2017/07/20 22:14

暑いし頭動きませんし、ちょっと思いついたことだけ書いときます。


白内障手術の器械(フェイコマシン)更新予定で比較中、Nidek AMO Alcon と比べていますが、いやあ、、、値段のもんです。どこで線引くかになってしまう。最後までいったら、また使用感を。
B&Lも比べたかったが、動きがあまりよくないようで。まあ営業の人数がねえ。

安倍内閣が一転叩かれまくってますな。
なんであそこまで稲田さんをかばうのかようわかりません。位負けさせてつぶすほどの人材とも思えんし。
もりかけ関係の報道が相当に偏ってるのは気に入らないが、秋葉原で「あんな人達に負けるわけにいかない」といってしまったのはいけなかった。
党首としてはそうかもしれんが、首相でもあるんだから、もっと融和的にやらないと。そんなところでトランプ真似んでも、、、
加えて、こんな件にいちいちという感じで記者会見してた菅さんが、えらそうに見えたのもよくない。
いったんそういう印象ができると、挽回はなかなかむつかしいですよ。
代わりの受け皿がまともにあるとも思えないのでもうちょっと頑張ってほしいとは思うのですが。

て、民進党首。公選法に違反してなかった証拠を見せればいいだけの話に、迷走が過ぎる。これを擁護する人もどうかとも思うが、おもしろいのでとことんいってほしい。みずほタンとは違う形で党を滅ぼすところを目の当たりにできそうな。
これをちゃんと明らかにしろと求める党内の動きに「利敵行為」と言い放つ有田氏は、どの口で相手に「正しい」ことを求めるのか、ダブスタもええとこです。
しかしまあ、求める党員も、泥船から逃げる口実ほしいだけのような気がしますが。

ドローン使用中。DJI Spark はジェスチュアが売りのくせに、きっちりジェスチュアを説明したものをみない。
日本家屋内では空間が狭いし、300gなので屋外では制約あり、それに屋外でジェスチュアしたらどこ飛んでいくかわからんのでちょっと困っています。
広めの宴会会場で記念写真につかってウケをとるのが正しい使い方かね、高価いなそれにしては。

京都縦貫道の宮津より先が、大宮までできていた。丹後半島にいくのに、宮津から岩滝経由でいってたもんですが、岩滝から狭い山道をあがっていく必要がなくなりました。
30年近く、京都市内から経ケ岬に夏遊びにいっていますが、ほんとに道がよくなった。このインフラ、いつまで維持できるのだろうか。

京都の自動車道無料化2017/01/10 18:54

おもいきりローカルな話。

第二京阪が大阪方面から巨椋池まで、そこから北は阪神高速京都線というよくわからない名称で、山科までできている。
この阪神高速部分の、鴨川西の山科へのトンネル部分が、京都市に移管されて無料化されるそうな。

「京都高速」新十条通を無料に 18年度以降、京都市へ移管
【 2016年12月16日 23時16分 】京都新聞

京都盆地と山科の間には、2車線以上の道路としては、三条通以南は、五条通り(国道1号)、その南はいきなり名神沿いの観修寺街道になるが、ここは、とくに京都側から入るのがけっこう面倒。
そしてその南には外環状線しかないのである。ここの六地蔵あたりは宇治へのいききもあっていつも渋滞している。

いや地元の詳しい人には、住宅地のなかをぬける道が今熊野やら大亀谷やらにあるけれど幹線というのはでかい車が走りたいものですからどうしようもない。

だから、五条と観修寺(これは、もともとの東海道線の経路でもある)のあいだにまともな幹線がほしいのはわかるし、走らすとしたら稲荷山と東福寺の間の十条通りのラインしかないのもわかるのである

走らすにしても、工場やら、川端以東に団地やらがあって、どうなるかと思っていたら、すごいですな、ぜんぶ立ち退きにして通してしまった。おかげで、住民が減って小型スーパーのスマイルがつぶれたという噂もあるがともかくもw

通したのはいいが、いつみてもこのトンネルが空いている。悪いとは言わないが、もとをとるとかいうレベルではなく空いているようで、けっきょく移管して無料化になった。

でもねえ、無料化するのがトンネルだけじゃどうだかなんですねえ。
外環状線あたりの混雑を吸収するなら、巨椋池から北をぜんぶ無料化しないと、ちょっとでも安くあげたい商用車は外環状線を使い続けるだろう。

都市計画云々といって開発の南部とぶち上げられて以来何とか仕上がった、いわゆる「京都高速」ですが、だったら潔く、NEXCO西日本なんかを半端に残さずぜんぶ買い取って無料化した方が、経済効率いいんじゃないかと思いました。というか、管理が入り組むとそれだけでいろんなリスクが上がるんじゃないかねえ。
素人考えですんまへんが。

なくなる夜行列車2013/11/08 22:40

大阪東京間の夜行、いまはない「銀河」にはじめて乗ったのは、30年近く前、貧民列車にもバスにも乗り遅れたと気づいてのことでした。
第一回の東京映画祭にいったのでして、滞在中にへんな女子と知り合ったり、あのころは若くて馬鹿だった。

その「銀河」に、6-7年前に何度か乗った。学会に行くのにつかったので、記念というんじゃなくたんにホテル代も節約できると勝手に思って乗っていたのだが、調べると新幹線より高くなっていたのだった。乗らなくなってすぐに廃止された。

夜行列車がなくなるというのである。

ブルートレイン:廃止へ…JR3社、北海道新幹線開業で
毎日新聞 2013年11月07日 07時15分

インフラの平行維持はナンセンスだからそういう意味でなくなるのは仕方ない。
国策として、高速鉄道を一般化させ、舗装道路をここまで巡らせて自動車がここまで安ければ、不採算路線はもうただの贅沢品である。贅沢品は大好きなのですけどね。

貧乏な国は、いまも鉄道もなければ電話回線網もありませんが、バスや飛行機で人々は動き携帯電話でやりとりしています。なくて不便なのはあたりまえですが、いまやもっと安くて自由度の高い代替品があるのですから、存続を願うなら贅沢品とか特産品としてどう維持するか考えるほうがいいのでは。

まあ「ななつ星」はやりすぎと思うけど、バスとは一線を画す「移動ホテル」というのは独特の値段で買う人がいなくはないんだし、ファンを増やさない手はないと思う。

ただ、そこで、その相手をJRができるかというと無理でしょう。会社としての思想が違いすぎるからで、実際ダメだったんだし。トワイライトまでなくなるとは思わんかった。

で、電話回線や電線じゃないが、「移動ホテル列車」を専用で運営する会社に、鉄道路線の使用権を売る、というのはダメなんでしょうか。

たぶんJRマンでそっちに移りたがったり退職後に入ったりする人はいくらでもいるだろうし、そうやって違う組織の形でおなじ路線の上を運用する訓練をすることは、鉄道運営のスキームを外国に売る(とくに国際高速鉄道関係)うえで武器になりそうな気が、素人なもんでするのですが、、、、

というと、「オリエント急行もそういう形で、けっきょくは消滅した」といわれた。
ま、好きものがいるあいだの、ちょっとくらいの延命や金稼ぎにはいいかなという話。 Nikon だって Df なんて、もろフィルムマニュアルカメラ(FMシリーズ)を思わせるものを発表したわけで。

京都初乗り600円中型タクシー2013/10/12 22:53

タイトルのまんま。

京都でタクシーというと、他都市に比べ小型やその相当が目につく。会社により初乗り570円とか580円とかで乗れるが、実際に走ってるものでつかまえるとなると選球眼が要る。みつけやすい行灯はMKかみやこですね。
何も考えずに手を揚げたら640円が多いだろう。これは中型タクシーの値段と思うが、先日烏丸にとまってる個人タクシー、初乗り600円とあった。




珍しい値段。

京都に10台くらいしかないそうだ。割引中型、実際にはこの車はちょっと大型に近いんですがという。距離ごと運賃はもっと高い中型とかわらないらしい。メーターが上がっても値段の差はかわりませんというのだった。




運賃に、陸運局がいろいろうるさくて、割引するにも実績とか大変なのだそうです。


成功体験 オリンピックと新幹線2013/10/09 09:24

うまくいった経験があると、そのときの方法論から逃れるのはなかなか難しい。

私はあまり、受験秀才はダメとかお勉強しかできないとか、レッテルはっていういいようは信用しない。
ある一定の成績をとるということは、すくなくともある程度の能力もしくは努力の実績であって、たとえばなにもせずにひっくりかえっていたもののほうが人間性が豊かだなんてことは、絶対ない。
誤解されては困るが、たいがいのお勉強には努力が伴うのであって、共通の価値のために努力したものはしないものに比べ結果にかかわらずなにがしかの内面的なものを得るという、これは勉強に限らない、スポーツでもなんでも同様のことです。

図式的ですが勉強できるもんが嫌な奴でそれでも勉強ゆえにゆるされていたとしても、そいつはもともとが嫌な奴です。勉強できればほかがゆるされるという状況をつくりだしたのは周囲であって、そういう感覚を持つ親教師がいるという話にしか過ぎない。こんな図式いまでも生きてるんだろうかと思うが、いろんな大人がいますので念のため。

「ノルウェイの森」で、主人公が因数分解を覚える意味をきかれて、いろんなものの考え方を身につける、的にこたえる場面がある。お勉強というのは、まずは、常識的知識取得プラス、思考のための「素振り」みたいなものであって、しておいたほうが、ものの考え方は確実に広がる。

だから、たとえば大学入試に、ペーパーテスト以外のパラメーターを入れようというのは信用しない。恣意性がどんどん大きくなる。
大学に問題があるなら、それは大学の内部構造や科研費の取得構造に問題があるのであって、入り口をいじくってどうなるのか。はいってくるものの品質までコントロールできなくなってはどうにもならないと思うのですが。
お勉強できるものをあつめたけどうまくいかないのを、お勉強のせいにしちゃいけない。
私立が一芸入試やって、なんかいいことあったようにも思えないのに、東大がまたそれに近いことをやるという。京大もやるらしい。それどころか2次試験は「人物重視」とか、笑ってしまうわ。これなんて、受験勉強できないけどどうしても入学させたいひとが10年後くらいにいるとしか思えん。ある種の皇族とか。

話がはずれました。

努力でがんばって評価されてきたものの落とし穴は、努力そのものにある。
お勉強はあくまでも自分のためにするものなのに、大人がほめてくれる。この成功体験から逃れられないと、「頑張りました」と結果も出さずにどや顔でいう人物が生まれる。努力もしないのに「私の人間性を見てください」という奴と同じくらいうざい。

一度でも成功するというのは大切で、それをあしがかりに伸びていければいいのである。芸人だって、一発屋といういい方はあるが、一発もなければどうしようもない。いや脇にはなれてもスターにはなれない。脇でもいいじゃんというのはまた別の話。

医学関係でも、成功した手法、それも他人の手法、を繰り返しデータをとる研究者なんざざらである。特に、数に意味のある遺伝子関係や疫学関係。方法自体が問題ではないからこれはいい。退屈ですけどね。

ソニーの成功は、トリニトロンと、コンパクトディスクである。トリニトロンから脱出するのがこだわりの分遅れ、CD同様にソフトを規定するハードの規格を自前でつくろうとしてその後ことごとくこけまくった。

成功体験の追憶から逃れるのは難しい。

戦前の日本は、ロシアの南下からの自衛として、日露戦争後に朝鮮半島を併合した。まずかったのは、「併合した」ことである。つまりそこまで日本になったので、自分の一部として朝鮮半島を守らざるを得ない。そこでつぎには緩衝区域として満州国を設立、ところがこれがまた実質軍部の運営だったもんだから、満州を守るとして内蒙古にまでいこうとしてしまった。内蒙古に手を出した将校は満州国を設立した軍幹部に「おなじことをしているだけです」と言い放った。
馬鹿である。
大陸方面で手を広げすぎ、そのうえに南方にまで前線をひろげてもつはずがない。
日露戦争の成功体験から逃れられなかったのですな。

戦後の最大の成功体験は高度成長で、このシンボルたるものが、東京オリンピックと、新幹線である。
で、バブル以降鬱屈がたまっているのだろう、みんなおまつりがしたいのでしょうし、そのシンボルをあらためて祀り上げて夢をみたい、のはわかるのだが。

東京オリンピックのあと、人口増加を背景にした高度成長に、金のかかるインフラ整備は吸い込まれた。国内だけで富は増えない、もちろん輸出しまくって金が日本に入ってきたからよかったのであって、直後のベトナム特需が効いた。
新オリンピックに金かけるなら、つくられたインフラから金の回収ができなければならないのだが、そこが心もとない。「富」が持続的に増える道筋がみえないのである。
関連インフラとしても、滞在施設は移設可能にして、都内と空港、鉄道拠点との移動を容易にするのがいいだろうとは、私にすらわかるが、利権や縄張りがからみそうである。というか、そんなものでまともに事が運ばないようならどうしようもないんですがどうなるだろう。
東京の中だけでインフラの水増しをやってくれて、そのあとの構造不況も東京だけがかぶってくれたらいいのだが、そうはなるまいし。

で、このたびは、リニアモーターカー。
これ、東京名古屋だのそっから大阪だのやめるべきだ。飛行機がここまで安くなってしまうと、ガチで高精度つまり超高額なチューブを大深度長距離に固定で埋め込んでほとんど2点間のみで大量輸送を図るというのはリスクも高ければコストパフォも悪い。出入り口がしんどすぎる。品川駅がなんのためにできたというのか。
技術的にやってみたいのはわかるが、できるから必要というわけではない。

ほんとうは、500キロまでの大都市間は高速鉄道、もっと遠いところや海外へは飛行機、大都市近郊地域から僻地については状況に応じバス鉄道小型飛行機、あとはレンタカーでも使えというところなんでしょうが、鉄道と飛行機が張り合っていて、補完しあおうとしていない。そこが最大の問題でしょうに。
つまりは、いまどきどこでもかなりの遠隔地につくられるようになった大空港と、大都市を、ごく短時間でむすぶのがリニアなんかの役割のはず。スピードがあげられず役不足というがいまにくらべてよほど早ければそれでいいわけで乗客も稼げる。
成田と羽田と東京の鉄道拠点をつなぐ、関空と伊丹を大阪の鉄道拠点とつなぐ、のがリニアならいいのである。関西に関してはそれに京都駅を足してもいい、すくなくとも今の計画に京都が割り込むよりよほどまし。
それをしないのは、リニアを持っているJRが、飛行機と張り合うからで、これをなんとかするのが政治じゃないのか。

リニアにこだわるのも、新幹線の輸出がいまいちなのでリニアでもう一発、そのためには実績を、というところなのだろうとおもう。
なににしても新幹線が日本でうまくいきすぎたのであるが、売るとしたら、運営システムなんじゃないだろうか。そりゃハードの管理ができないのに運営システムだけ売れないというのはわかるが、ハードを売っても規格の売れなかった日本の失敗をそろそろ直視して、システムを売るためにはハードは格安で、たとえば車両なんか持続的にリース提供する程度のことは考えたほうがいいし、各国の交通に対して汎用性のあるシステムをつくりあげれば、もっといい。システム維持を請け負うのであって、契約が更新されないならハードは残して、リース分とシステムごと引き上げるくらいでいいのである。
そんなものできないというのだろうが、簡単じゃないから売り物になるのである。当然まず日本の各種交通機関でこの方式は使うべきだし、こういうところでこそ、国が音頭を取ってくれんといかんのだが。
まあ無理でしょうな。国は個人資産を巻き上げることしか考えていない。

成功体験でできあがったパラダイムが生きているうちに次のパラダイムを用意するのは困難だ。オリンピックとリニアで日本終了、にならないと次にいけない、様な気がして、そしてその次もろくなもんじゃないような気がして、自分の老年が非常に心配である。

京阪駅夜9時過ぎ2013/09/13 00:53

京阪の、京都南部の各停のみ停車駅に、夜9時過ぎに行った。

酔っ払いなんだか、おっさんがマイクに向かって叫んでいた。隣の駅からさっさと来いと。
みると無人駅になってる。各駅停車しか停まらない駅には遅くなったら駅員を置かなくなったのか。
こういうことはよほどの田舎電鉄(近江鉄道とかw)に起こることと思っていたのでちょっとショックでした。

行った店 金沢 台風の学会2012/09/30 12:32

緑内障学会の金沢。
土曜はアルコンのランチョンで Express の話を聞いたのですが、質疑の時間になって、聖マリかどっか(よく覚えていない)の名誉教授というひとがとてつもなく基地外な自分語りを始めた。その筋で有名な人らしく、終わりをまたずに帰り始める人多数。角膜関係のアメーバじいさんなんて目じゃないわ。なんであんなもんが黙認されてる?

「五郎八」
ホテル近所の「木倉」町、これを、「こぐれ」という人がいるのだが、通りの案内図には「きぐら」とある。どっちや。そこそこ庶民的な通りの、感じのいい大箱の居酒屋。加賀野菜天に寿司5カン、加賀鳶1合飲んで2.5Kほど。台風前で細かい雨滴をときどき感じる。人通りも少ないんだろうこれは。




「花里」 中央味食街
学会で配るグルメ案内にある寿司屋に行こうと店をみたら外門付きの、ふりの客がとても入れる気にならない仕様。結局、そのすぐ近くの飲み屋長屋みたいなとこで、早い時間だが客の多い店を選んではいった。地元の国際交流イベントがあったそうでその流れの方々の話を伺う。ビールと焼酎プラス、バラ肉串、シロキャベツいため、玉子焼きの三皿で3K。梅酒や糠付けの魚焼いたものも分けてもらったり。常連らしい方々は店の選択をほめてくださったし、感じのいい店とは思う。




あたりまえだが、地元向けの店と旅行客の店は違うし、旅行客はわきまえて入るものではない領域もある。外国ならお互い珍しいから地元向けもいいんでしょうけど金沢はそこまで異文化ではない。地元の方もさぞかし居心地悪かったろう。今は反省している。
その後、ナイトスカイとかいうよくわからないスナックで相手してもらった。酔っ払い。

日曜朝。学会前に、台風がきてるというので指定席でも買っておこうと目の前の金沢駅に行く。e5489 のパスがわからなくなって前夜予約できなかったからでもあるが、台風で運休しまくりだったのでこれはどうせ乗れていない。
で、みどりの窓口はえらい列。きくと、サンダーバードは8時台白鷺は米原止まり9時台までで、あとはないという。
即時帰投決定、自販機で乗車券のみ買い、改札通って列車表を見て、白鷺のホームへ。むこうの最終サンダーバード待ちはそれなりの列になってるがこっちの自由席はけっこう余裕。






福井から混み、米原は乗換えがいつものように大変でしたが、すぐにつながるひかりも空いてたし、午前中に帰宅した。

ということで、須田賞講演も出席せず、後回しにした学会バッグももらわずに帰ってきたのでありました。あかんとはおもうが仕方ない。
金沢に残った人たち、最終まで出て行く特急がない状況となったら、どうやって帰ってくるんだろうか。そうなると高速バスも動くのなら満杯だろうし、エライ人は経費で新幹線駅までタクに乗ったりするんだろうけど。次の日の始発に乗るなら近所の温泉に行くのもありとは思うw。どうなったかまた訊こう。
(10月3日追記) 学会参加者に会場からチャーターバスが出たそうです。どこまでかは知りませんが。MRさんたちは、泊まって翌朝始発で帰るもの多数だったそうな。
とにかく学会は新幹線のぞみ停車都市でやってくれませんかねえ。
年末の網膜硝子体学会なんぞは甲府でやる。フジヤホテルは役員だけで満室だそうな。分野を囲い込んでお友達だけでやりたいのだろう。そんなことしてるうちに厚労省設立第3者機関にしてやられるぞ。大多数の医者はほらみろとしか思うまいし、ハブられたものはあちらに喜んで寄って行くだろう。

ドクターイエロー2012/09/27 18:28

先日京都駅でのぞみを待ってたら、目の前に黄色い車体が滑り込んできた。




みな大喜びで写真撮ってますな、私もそうです。
のぞみをここでやり過ごすのかと思ったら、すぐまた出て行ってしまった。
駅で停まってるの、はじめてみたので、記念です。

遅い夏休み 東京から長野経由で京都2012/09/06 23:02

ちょっと古いのですが、遅くとった夏休みの話でも。

以前は毎夏家族で旅行していた。息子は3年前から付き合わない。コミケに行きたいそうだ。なんだかというか。家内と、娘とで、いくことにしたのだが、娘が受験となるともう出られない。

ひとりで部屋にいると、煮詰まる。ネットばかりでどうしようもない。本を読める空間になってないのに気付く。前の安楽椅子がつぶれ、新しい椅子がもたれられるとはいえオフィスチェアなのがまずいけない。読み続けられないのはいけませんな。映像については、わたしはつらいシーンに弱いので、映画館じゃないと最後まで一気に見られない。ついつい切ってしまう。音楽ばかりきいて寝ているのも限度がある。

発作的に、旅行に出る。
以前ならバイクで走るのだが、めまい発症以来自重してる。夜行列車にのりたいところですが銀河はなくなった。バスは嫌い。京都駅に20時ころ着いて、携帯で席の取れた遅い新幹線に乗る。
列車に乗るよさは、まずはそのあいだずっと本を読めることです。あと、酒飲んだり寝たりできる。ネットについては、アクセスポイントの契約は持ってないし、テザリングできる端末持ってるんだが面倒。できることの、比重が変わるので、目先が変わる。
端末で「銀の匙」読んだ。中勘助ではない。「動物のお医者さん」「じゃじゃ馬 glooming up」「もやしもん」など、こういうのは一定の需要があるなあ。その需要に応えられる力量もいる。

東京では有楽町にまわり、並木通り 「Del Sol」 で、甘口スプマンテ、ラストオーダーで、リモンチェッロをいただく。蒸し暑い。写真もピンぼけ ↓




ホテルはいつもの自治体相手のホテル。当日夕方に、はじめに携帯で名前も言わず予約しようとしたらあいてないといわれた。あらためて、家の電話から、病院名も名乗って電話したら喫煙だが部屋が取れ、実際にいくと、禁煙の部屋があいていた。
設立の趣旨上まあしごくあたりまえのことがあっただけなのですが、こういうものの延長線上に、もうちょっと範囲の狭い役得とか、さらにはこっそりと利権とかがあるんだろう(妄想w)。
享受するものがそれをなくしたくないのはわかるし、立場が変わっていきなり相手にされなくなったら腹が立つのもわかる。逆に、役人ふくむいろんな組織の問題の対策はそういう次元を解決すればガチにやるよりなんとかならんか?ボランティア活動に付き合うと称し顎足つきでついてきた教授が、飛行機はファーストクラスにしろとごてた話とかも聞いたことあるぞ。承認欲求のことをいっています。相手してたらきりがないといえばその通りですが。

翌朝はやくチェックアウトして、築地市場へ。「寿司大」あいかわらず7時前から長い列。店から離れて広い通路側に続く。↓ 去年30分ではいれたのはやはり震災特需(?)だったのだねえ。




こっちのめあては1軒おいて隣の「天房」。ぴったり7時に暖簾がでた。朝から油もの入れて満腹。場外で佃煮買って、そのまま東京駅。
長野名古屋経由新幹線使用で乗車券と、長野新幹線特急券。指定席は11時まであいてないという。改札入って1分後に出る新幹線「あさま」に飛び乗る。自由席ところどころ空いてる程度。
この路線ははじめてです。通路側の席からではあるが、北関東の景色を見る。

売り子からウイスキーポケット瓶。「プリンタが紙切れなのでレシートはよろしいでしょうか」などとぬかす。「手書きでいいからください」というと、凍った表情のまま数分で紙を入れ替えて印字した。どうだかと思うぞこれ。
寝たり飲んだり本読んだり。以前よりときどき開けていた幻冬舎新書宮台「日本の難点」を今頃ちゃんと読む。これは紙の本です。現実社会の切り分けは腑に落ちるものはあるが、オチまでくると、コミュニタリアン社会学者が夢見る人種であることがわかる。それももちろん自覚的オチのひとつだろうが。

軽井沢がどこにあるのか知った。
長野で、特急「ワイドビューしなの」に乗り換え。いや、恥ずかしい話、長野も、そして松本も、中央本線上に「ない」ことをはじめて今回認識しました。
長野駅ってちらっとしか見てないが、かなりちんけな駅じゃないか?へぼい県庁所在地というと、大津や奈良を思い出すのですが、長野もそうなんですかね。
名古屋まで3時間。近所の渋温泉について調べたことがあるが、京都からだとたしかに一日仕事だわ。
迷惑をかけずに2人分座席をとれて楽。ぴこぴこ携帯いわせてるおっさんにマナーモードにしろと凸。音の出所を特定するのにちょっとかかった。ああ面倒。

学生時分、八方でスキーツアー中、祖父がなくなった。ひとりでバスと電車を乗りつぎ大阪駅まで夜行に乗った。もうないんだろうねあのスキー夜行列車。
このおなじ線路の上を、あのとき走ったはず。
バスの中では車内放送の地元ラジオで泰葉がユーミンの替え歌をうたってたのをなぜか覚えている。科白も。

車窓のそばで、やはり寝たり飲んだり本読んだり。岩波現代文庫ソーカル「「知」の欺瞞」、物理学者は容赦ないな。とくにはじめの2章は執拗で笑うしかない。自分が理系と勝手に思う人間のムード的共感同意を広く呼びそうだ(私自身を含む)。独我論から認識的相対主義への流れがわかりにくかったので読み直そう。
やがて岐阜に入り、1時間で名古屋。存在感より実際の岐阜でかい、いつまでたっても岐阜。

名古屋の新幹線ホームで、腹はそんなに減ってないけど熱い汁ものがほしくて、きしめんを立ち食いで半分だけ。
やってきた京都までノンストップのひかりに乗る。すぐにまた岐阜に入るw
飲むものはもうない。少し寝た。滋賀の景色はなじみがあって落ち着く。
京都に帰還、14時前です。18時間中、ホテル滞在7時間で車中時間8時間。ちょっとリフレッシュして全費用5万弱であった。


      

北近畿の雪 駅うどん井筒屋 米原2012/02/02 19:33




北近畿は大雪で舞鶴は記録塗り替えだそうですが、滋賀の湖北も昨夜よりすごい雪。
長浜市内、朝はタクシーが動かず。
で、午後ですが、JR在来線米原長浜間がとまってしまい、米原駅前にはタクシー待ちの行列が出来ていました。バスも本数少ないし当てにならんしねえ、、、

陸橋に上がろうとして、ふと、あがりぐちの駅蕎麦の「井筒屋」に目が行った。むかしは在来線ホームや新幹線高架上にあってよいものだったのだが、高架作り直しとともに、東京行きホーム以外はなくなっていたのです。取引していた麺のおろしがあったがそこも取引がなくなったそうで、基本的には「やめ」の事業のようです、が、高架にあがる階段下にあらためてできていて、今日はついつい入ってみた。




、、、店員が若い。バイトか、そばの井筒屋本社から回されてきた娘らやろか、、こういうのはおばちゃんやないとなあ、、、きつね400円て高めやねえ、、、。
600円のカレー食いました。総じて、改札の外でこの値段、とは思った。いろいろ事情もあるんでしょうが。
高架上の新幹線うどんで、こだま待ちながら、玉子入れて一味をふって山菜蕎麦を食ったのも昔になった。

階段を上がると、在来線改札前も人だかり。




私は新幹線に行ったが、長浜行き在来線は、ホームで待つ人もいた。



路線がとまってもこの程度、という言い方はできなくもないような。

名古屋からの新幹線は11分遅れ、京都に着いたときは20分遅れになっていた。