特定技能枠での妊娠問題2024/02/21 08:43

外国人「共生」の実相 日経新聞 2024年2月19日 20:07 [会員限定記事]
特定技能の女性「妊娠で契約解除」 支援脆弱でトラブル
「人手不足の業種で働く「特定技能」の外国人女性が妊娠後、雇用主とトラブルになる例が目立つ。制度開始から5年近くが経過して従事者が増える中、「雇い止めにされた」などの訴えが相次ぐ。同様の問題が続いた技能実習に比べ、特定技能は相談の枠組みが脆弱。孤立を防ぎ、不当な処遇をなくす必要がある。」

というのでありますが、、

特定技能の従事が目的で来日したのなら、妊娠すれば従事不可能な期間ができるのだから単に本国に送り返せばいいだけでしょう。
そもそも特定技能で来日して妊娠した人を支援とかいいだせば、妊娠前提でアプライする人が増えるでしょう。それは妊娠に限らない。
コストに応じた正当な成果の期待できないものに国費を使うのはやめてほしい、外国人に対する特定技能枠は福祉ではない

そもそも、とにかく労働力がほしいんでしょ、わけのわからない理屈で不自然な制度の枠をつくれば整合性に苦労するし、変な形で外国人を国費まで使って安い労働単価で奴隷労働者を外国からいれれば、本人自体の待遇改善につながらない
技能とか特別技能とかの制度は「かわりは外国になんぼでもある」という前提ということです。
日本の国力がなくなり円が安くなればまともなひとは誰も来ないよ、そこまでして日本語習得する?

とっくの昔に人口ボーナスは消えたんだから、かわりがなんぼでもあるモードを変えるべきなんですよ。
いまの末端は雇用主もそれで苦労してますけどね。制度を決める方はあいかわらず頭が切り替わらないらしい。
まあ政府が昇給を言うのはそれよりは所得税と保険年金を考えてでしょうが

ただ、では待遇をよくしてというところで、それを可能にするなら解雇や減給が困難すぎるのが障害、これは雇用側にもセーフティネットを担わせる制度によるものなので、派遣が跋扈するのもこのせいでしょう。
アメリカみたいにとまではいわんけどもうちょっと解雇規制をゆるめないと、どんなもんかわからん応募者に高給を提示するのはむつかしいし、いったん昇給したら下げられないではこわくて昇給しづらい

ついでに、、ふつうに外国人をいれて、これもアメリカみたく生地主義で国籍もやれよというなら、むしろ永住資格や国籍付与の時に、きっちり「日本国家への忠誠」を誓わせた方がいいと思う。
そういうと国家主義ガーファシズムガーとアホが騒ぎそうですけど、国家への忠誠の宣誓はどこの国でも基本です。

信仰の自由は認めたうえで、「実際の法規が信じる宗教のルールとバッティングしたら行動上は法規に従う」ことを要件にさせなければいけません。
人口が一部地方で増えてトラブルになっている外国人滞在者の一部には、わしらのルールが普遍のルールだから最優先という、室町時代の一向一揆勢みたいなひとがいたりするようです。
日本や欧米はそのへんなんとか乗り越えて政教分離したけど、たとえばイスラームなんかはそれが教義上困難なはず。トルコだって揺り戻しきつい。

どの宗教や思想に限らない。
教義や主義をを他人に対する指図の根拠にしたがるのは、社会に容れられない人間のうさばらしの理由づけだったりするので、社会不安のもと。

短期滞在手術基本料2024/02/14 18:49

短期滞在手術等基本料が、一般の開業医の白内障日帰り手術なんかについては半額になる模様。



右が改訂前、左は後。
詳しくは厚労省のPDFどぞ。
中央社会保険医療協議会 総会(第584回)議事次第 の、総-2別紙1-1(PDF:2MB)の、124ページ。

この短期滞在手術基本料、以前は麻酔科がいなけりゃとれなかったのが前の改訂でとれるようになってみな歓喜してたんですが、それでばんばんとるようになってその急増に支払い側がのけぞったんだろうと、物わかりのいい私は思わなくもない。
改訂する前にわからんかなとも思うけど、つまり点数改正ってそういう変更と対応のいたちごっこで、結果ものすごく複雑な点数表ができるのだね。

主として入院で行われている手術については点数はかわらない。しかし、どこでもここでも日帰りで白内障手術してる現状で、これは主として入院手術だと言い張るのは無理でしょう。
どこが線か、アメリカじゃないんで、緑内障や硝子体手術は入院が主な手術として点数はいまとかわらないんじゃないかと思うんですけれどどうなのか、流出路再建くらいはやったりするので気になります。

(後日追加)
日眼医のお達しでは、短期滞在手術等基本料の半額になる予定の水晶体再建術(いわゆる白内障手術)ですが、縫着、IOLなし(ICCE想定?水晶体用冷却プローブまだみんなもってるんだろうかw)、計画的後嚢切開は入院相当として減額なしですと。
硝子体いじくるもの、ということでしょう。硝子体手術はいちおー入院手術扱いなのね、まあ日本だからそうでしょう。

サンフランシスコの小澤征爾2024/02/10 20:28

小澤征爾がなくなった。

私はこの方の実演は30年前、サンフランシスコシンフォニーの客演にきたのを見ただけです。SFOはのびやかな田舎楽団風(当時です)のとこなんで、小澤さんの熱血指揮にあわなくてです、曲も忘れましたが、

小澤さん髪を振り乱して指揮棒振る
オケはのんびりした感じで演奏
小澤さん、勢い余って指揮棒が舞台のそでに飛んでいく
観客笑う

という展開があって、小澤さんアンコールにも出てこなかった

SFOは小澤さん1973年にボストンに行く前に数年間音楽監督やってたんで(上記より20年前)、OZAWA is back という感じで宣伝もしてたんですけどね。

このころのSFOの監督はブロムシュテット。
メディカルセンターのポスドクには安い年間チケットが回ってくるので、シンフォニーもオペラもずいぶんいきました。ピッツバーグ‐マゼールがやってきて、すごくびしっとしていて、SFOとずいぶん違うなあと思った覚えもあります。
今は昔。

京都市長選後の万歳2024/02/07 12:09

京都市長選はやや接戦でしたが松井さん当選、つぎの私の関心事は、松井さんがいままでの市長の路線を継承して和服来て歩き回るのかということですw

京都では市の保健所が統廃合されてコロナで行政の準備する有症者入院待ち受け施設も人手不足で動いてるように見えなかったのに、西脇知事は、統廃合で意思伝達がスムーズになったとか、状況をごまかしてるようにしか見えん事を言っていて、西脇さんとの協調をうたった松井さんにもなんだかなものを感じてはいたのですが。
ただ、職員はともかく、保健所長の医師免縛りはけっこうこまったものだったそうなので、数そのものが減るのは仕方ないように思う。

この松井事務所の出された当選万歳写真、壇上の後援者はひとり除いておっさんばっかで、いかにも旧態依然なおっさん政治のイメージなのは勝手な言い草ですが今後なんとかされたほうがいいような気はします、それなりに僅差になったのもそのへんのイメージはあったんじゃないですかとこれも勝手に書く。




この壇上で手を揚げているなか、文字通りの紅一点(赤い服だし)、唯一の女性は、これ医師会でコロナのホテル療養とかで走り回っていたT先生だよねえ。ここに立つだけの積み重ねがあったのでしょう、えらい。
まあこの人がそれなりに話しできるなら、医療方向はそう変なことにはならんやろうと思った次第。

どうなるもんかな。共産党排除の総与党体制でしがらみもすごそうですけど、北陸新幹線は米原ルートにしてほしい。

風俗兼業保育士の件2024/02/06 20:08

女性には、男にはない選択肢がある。風俗業というやつです。若い男はどの分野に行っても安いが、女性は特に若いとそれだけで大変な価値があることになっている。

たとえばこの厚労省の「梅毒」に関するデータですが、男は20代から40代まで人数かわらず50代でもすごくは減らないのに、女性は20代が突出している。全年齢の男子が20代女性に群がっているのがわかる。




保育士の女子が奨学金をかえすために風俗をやっていて懲戒処分受けて職場をやめたという記事があった。保育士になるためにそこまでやっていたなら、場所を変えてまた保育士として頑張ってほしいと勝手には思うわけですが、、

「風俗店で副業の保育士を懲戒処分 収入は「奨学金返済に」 宇都宮」
毎日新聞 2024/2/1 21:17(最終更新 2/2 08:08)
「市によると、女性は2021年4月~23年12月、有給休暇を取得するなどして市内や栃木県外で計69日副業をし、計約155万円の収入を得ていた。市に匿名の情報提供があり、本人に聞き取りをしたところ、事実を認めた。「奨学金の返済や生活費に充てていた」と説明したという。」

月あたり5万弱。
こういう記事を見てすぐに「保育士の給料が安いからだけしからん」と吹き上がる人がいて、それはそうかもしれんけど、なんか違和感感じるのです。

記事自体テンプレな感じですが、個人的な事情がまずさっぱりわからない。仕方ないですけどね。
学費のための風俗落ちはイギリスでも記事になってた。貸与型奨学金なんて要は学資ローンつまり借金であって、この世の借金のあるところにはたぶんそのための売春もあると思います(いいとは言ってない)。
金を借りて得る資格なりすすむ職業なりがその金に見合うものかという判断があったのかよくわからない。「もとがとれるのか」という判断は借金して事業する場合ふつうするわけで、17歳の女子にそんなことできないというならそもそも金をそういう形で未成年に貸すのがおかしい。
目的のために身を売ってもその卒業なり資格なりがいるというなら理解可能ですが、今回の場合、保育士になるだけだったら大学や短大に行く必要はない。

就職したら元が取れる気だったかもしれんし何も考えてなかったのかもしれんし、そうでなくても、貸与型奨学金を親が余分にとって本人におっかぶせるなんてことはざらにあります。
学資ローンのために学生時分から風俗にいて金がたまってもその惰性で就職後もそこにいることだって珍しくなくあるわけです。

保育士の給与は一般的に十分ではないことが多いと思いますが、この事案で風俗をしていたのがそのせいで、だから安い給与けしからんとこの記事から無条件に決めつけるのは私にはできません
逆に、そこまでして働く人がいる限り、残念ながら給与は上がらないでしょう。

この記事からあきらかにわかるのは、垂れ込んだ奴がいて、それを職場施設が真に受けたということです。
ちゃんと仕事していて問題のない従業員であったならなおさらですが、職場に限らず匿名の悪意あるチクりをいちいち相手する悪習はどうかと思う
あちこちの口コミシステム同様にそういうのはまともに相手してはいけない代物であって、そっちのほうが問題だと強調したい。


観た映画 ドクトル・マブゼ、アステロイドシティなど2023/12/02 21:31

大アマゾンの半魚人」 DVD
水中のスーツアクターがすごいと思った。あれこれ考えるシーンが略されて話が早い。キングコングもそうだがこの半魚人も異種のはずの人間の女にこだわるということは、もともと人間だったんではないのかと無意味に突っ込んでおく。

アメリカの影」 尼プラ
京都ではどこもカサベテス特集が終わってしまったので、尼で58年のニューヨーク舞台のカサベテスによる即興映画をレンタル。もろ人種問題はちょっとコメント不可
メジャーでも「グロリア」撮ったカサベテスについては、サンフランシスコで、ひょんなことで知人になった日本人留学志望者の東海岸に行く送別会という、サウスマーケットの旧い映画館貸し切り上映(その日本人と現地人たち5人くらいだけ)でなんか見たけど題名わからん。登場人物がみな怒鳴りあって会話、後でそのことをいうと、Kavir(黒人)が、それがこの国でのふつうの会話だといった。

デンデラ」 尼プラ
今村昌平の息子による今村版「楢山節考」続編。捨てられた婆さんたちの復讐がいきなり熊映画になるがオチで復讐に戻るからいいか、オチればいいもんでもないが。100歳がこんなわけないやろうと思うが草笛光子実年齢90といわれると肉体的な説得力はある、まあここで生き延びるんやからなあという。
例外あるがほとんどの画面は雪、でもちゃんとした画面ではあった。

ラヴ・ストリームス」 DVD
カサベテス。流れてるのは愛というよりむき出しのエゴのような。退屈はせんかったが、こういうもんはアメリカじゃインディーズでしかできん(かった)のか、まあトップ俳優でもないし派手な話でもないし。

アステロイドシティ」 Cocon京都
宇宙人出現を交えたコメディに、演出家の家やら舞台の楽屋やら演劇教室やらがメタ的に入り込み、いっぱい元ネタあるんやろうなあと思いつつまあ楽しかったが、今どきはここまでやらんとあかんのかとも思った。

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」 尼プラ
思ったほど痛々しくはなかったが、このロシア人の扱いは埼玉以下で、いろいろ非道いような気はする。

バグダッドカフェ」 尼プラ
なんだかよくわからないおとぎ話。だったが、西ドイツ映画なのを知ってちょっと納得

グランドブダペストホテル」 尼プラ
アステロイドシティの監督、雰囲気はそうです。おもしろいけど、ようわからん。思い返すと真ん中あたりは何も印象に残ってない、記憶が中抜きされたんじゃないかという気になる。

特攻野郎Aチーム 映画版」 DVD
面倒な話をこねくり回していたので単純な話を見たかったが、筋そのものはそれなりにひねりがある。この手のものとしては失敗してないのは大したもんなんだろう

ドクトル・マブゼ
ラング、メトロポリスでロートバンクやった人が主演の1922年、101年前の無声映画w 日本語版が買えなくて英語字幕なので理解がいまいち。悪くはないけどこれで4時間半は長すぎる。遠隔で催眠術かけるというのは降霊術も込みで時代と思うけど、オチでなんで発狂するのかわからない

怪人マブゼ博士 マブゼ博士の遺言
無声映画「ドクトル・マブゼ」の10年後につくられたトーキー続編。まだ表現主義の匂い。前年の「M」に引き続いてローマン警部登場するのが素敵。超自然的なマブゼ博士の描写はもうやりたかったんですねとしか。ちょうどいい長さで面白いが、ラストは、元部下が教授を殺すのが筋と思うけどそれだときれいではないしそこはもう仕方ないか。みとかんとあかんと思って、現行品なくて高価い中古DVDを買いましたばい。


京都の「うすあじ」?2023/12/01 20:56

以下、偏見もあろうから、気に入らない方はするーよろしくお願いします。

京料理は「うすあじ」というのですが、京都の安いところから高いところまでそれなりにあれこれ食って、味が薄いという印象は余りないんですよ。

そもそも京料理というのは、目的が接待であれ法事であれなんであれ「京都の料理屋で出る料理」としかいいようのないもので、きっちりした枠があるようにも思えない

京都の料理はもともと「酒塩」といわれていて、きっちり塩はきかせる。淡口(うすくち)は色が薄いだけ、味が薄いわけではない、そのためのうすくち醤油です。たまに味も薄い店もあるけど観光客にうけてるようですが地元民がわんさかいくようには見えない。

西陣あたりの料理屋は色も濃い。あのへんでおせちをお願いしたらぜんぶ茶色くてw 西陣「萬重」のはそれほどでもなかったけど、それでも一品の売りはこってり茶色い甘鹹い、鯛のあらだきだったりします。

京料理が「薄い」というなら、よそが濃すぎるんでしょう、おだしたっぷりの難波割烹、醤油たっぷりの田舎料理に比べたら、まだ味も色も薄いのかもしれんわね。

「あじない」(味ない)という方言は京都でも使われる。薄味なだけでよしだったらこうは言わんと思うのですよ。一般人がそんなに素材で勝負なんてできるわけないんだし。

ちなみに、御所の東側鴨川近くに「うすあじ」を評論家wに「これぞ京都のうす味」絶賛されていた店があり(今もあるかは知らない)、一度食っていまいちと思ったが念のため家内(京都人)を連れて行った。家内は私に、「確認できた?」と言いましたわ


いった店 愛宕菜館2023/11/11 22:43

京北に行く用事があり、ちょっと遠回りになるが、かって京都のちょっと西で桃花春というラーメン屋をやってたひとが亀岡北の八木の駅前でまた愛宕菜館というラーメン屋やってるというので寄ろうと思った。




桃花春のラーメンはたぶん豚脂ぽいスープの醤油味でチャーシューが一面に載っていた。前に記事にしている。

今の店には塩と味噌しかない。
塩いただいた。麺は細目すこし縮れて味もこしも弱いもの、スープの味は塩がきつくて熱くてよくわからなかった。
まぜそばばかり食ってるうちにすっかり猫舌になってしまったみたい。
むかしふうのラーメンやなあとは思った。

店の壁には、桃花春なる中華料理屋で修業したご主人がその名前をもらってまえのラーメン屋をやった、体調悪くなって2018年閉めたがここでまた復活した、というたぶん京都新聞の地元コラムが切り抜かれていた。

まえにも書いたが、私の学生の頃京都に新心亭(白味噌ラーメンで有名だった新進亭ではない)というラーメン屋があった。桃花春はその流れという噂があったので気になっていたが、それは全然違うのだね。

ギョーザはなかなか美味かったし、地元らしい人でにぎわってたし、あと、味噌も、また京北にいくときはついでに食いに行こう。

そのあとの京北への道はぐぐるまっぷに従ったら途中477号線が通行止めで面倒だった。

性犯罪DBは役に立つか?2023/11/05 16:15

そりゃまあ、ないよりはあったほうがいいですが。

日本の警察は取り調べして反省していますもうしませんというほうに供述をもっていって、それで検察が不起訴にすることが多い。再犯防止が重要ということになっている。
性犯罪者(つまり有罪になったということでしょう)データベースつくったところで、どこまであてになるだろう。
逮捕だけでは逆に冤罪を含むリスクがあるからね。
となると、下手すると免罪符代わりにされかねないシステムになるのだから、制度がなくて残念と言い切れないのが残念なところ。
じゃあなんでも起訴して司法判断させるとたぶん裁判所はパンクするし。

ついでに書くと、日本の裁判で有罪率が高いのは、相当不起訴で見逃してやってるからと思っています。
再犯防止が名目なんだからそれはありです。
面倒な取り調べの上でそこそこ大切なもんを証拠品として所有権放棄させられるとなれば、「うっかり」「勢いで」程度でやらかしてしまったことについては、もうやらんわということになるだろう。

だからって冤罪がないとはぜんぜん思わんけど

感想 ゴジラ -1.02023/11/04 21:50

ゴジラ-1.0みてきた。ネタバレしますし読まない方がいいかも

再現風俗(えっちじゃないほうの意味です)は当時もの(ほんまに戦後すぐ作られた映画や、すくなくともそれを直接知ってる世代の作った映画)とはそこそこ違和感あるし、動作(軍隊関連組織での敬礼のありかたとか)など最後まで気になった。
島では戦時つまり従軍中ですが主人公も整備兵たちも兵隊さんにしては髪が長すぎる。見晴らしのいいところで夜に灯りをあかあかとつけて襲撃らしいものがあっても消さない、戦争中だよ?いつまでもバラックというより露店の闇市もなんですが、通してけっこう着ているものが厚いとかちゃんとしてるし、銀座に勤める服がびしっと出てきたがそのころなら個人(そのへんのミシンもったおばちゃん)の仕立てもしくは古着でしょうに。民間人は軍隊式の敬礼するもんなの?海軍出身者たちも、敬礼はもっと脇を絞めて腕をたてるんだよ船は狭いもんだから。病室もなんであんなにきれいな個室なんやと、戦前から使われていた大学病院の病棟をしってるもんとしては思うぞ。
特撮での再現になるが、ゴジラに踏み荒らされる農村地域も田圃は圃場整備されたようなきれいな畦道で、アスファルトとしか思えん白っぽい色の太い道がまんなかに通ってる。家も道も山のそばにあるんですよ昔は。
80年前の情景風俗の考証が最終目的ではないんだから、仕方がないとしないと仕方ない。先に進めん。
いまどきはもう、日本に似た架空の国と考えた方がいいかもしれない。同監督の「三丁目の夕日」がそうだからね。

お話についてです。
こうなるんやなかろうなと思うとそうなる甘い展開は、これは神木隆之介演じる主人公の個人的救済の話だと、浜田美波演じるヒロインの最後の台詞が規定したから、そこはそれでいいです。こういう甘さは持ち味と考えた方がいい。

それでおわってもいいのですが、、、こっからお話細部の筋立てとしてどうも納得いかないところに突っ込みをいれるわけですが、、、
電車から海にふり落とされたあと、なんとか陸にもどったらしいヒロインがなんでわざわざ銀座のゴジラの前を歩いてるんや。銀座と限らないという反論はあろうが、だったら主人公は彼女を見つけられるとは思えない、銀座に勤めてるから来たんでしょ。
むこうで爆発がみえたのに戦争をよく知ってるみなさまがぼーっとそれ見てるはずもない。それでふっとばされたヒロインも描写からして生きてるのがそもそもおかしいがそれならせめてラスト、腕一本くらいなくなって顔中ケロイドになるくらいじゃないと説得力がなさすぎるし、そうしても話の邪魔にはならない。
描写の流れの上で、脱出してから後ではじめて脱出装置の説明するのは、ただのあと出しで、お話のつくりとして助かるのが一択とわかってるだけに、あーあと思った。なにより、脱出する気があるならヒロインの写真を捨てる予定の操縦席におくか?だったら突入前に回収動作をいれればそれが伏線になるのに
オリジナルの真似っぽいけど、なんでゴジラにむかって敬礼するのかよくわからない。オリジナルでは自分を新兵器の秘密ごと犠牲にした芹沢博士に対する敬礼でしょあれ。敵ながらあっぱれ、じゃないでしょうここは。

総じて「辻褄よりノセるのが大切」でおす感じがするしそれは珍しくないけど、辻褄あわせてノセてほしい。

ほとんどの役者は台詞をききとりにくい。特に割烹着の安藤サクラは何やってるひとなのかよくわからないのはさておいても重要な役なのに、さっぱりいうことがわからなかった。いまどきの役者さんはたいがいそうです。映画の録音技術がよくなって、滑舌をむかしほど気にしなくなったせいか。私の聴力が弱いのがまずあかんのだが、日本語映画でも日本語字幕が欲しいと心から思う。

浜田美波は当時の女優のしゃべり方に近くて聞きやすかったし、全体よかったと思う。
佐々木蔵之介もそれらしくてよかった。吉岡秀隆はどこにいてもかわらんね。神木隆之介はむつかしい顔で苦悩して泣くばかりだがそういう役なのでなんとも。

こっちは哺乳類なので、子供の泣き声には心が動く。
まー、テーマそのものはしっかりしてるからこういうのもあり、というところで、私自身の好みを別として言うのであれば、歴代ゴジラの中ではそこそこ点数高いんじゃないですか。こういうの好きな人多いでしょ。「ゴジラ映画のニューシネマパラダイス」というのが私的にはぴったりな感じかな。あれもずいぶんまえの映画になった。

ただ、嫌な話にしてしまうんですが、パラシュート以降は、主人公がゴジラの口に飛び込んだ瞬間観た幻にしてしまったほうがなんかしっくりくるなあ。
パンズラビリンスや未来世紀ブラジルみたいでそれはそれでありきたりなんでしょうが。