セクハラと録音の流用2018/04/22 22:56

どんどんバカバカしい話になってきた。
セカンドレイプがどうのといいながら、立民党や母体たるリベラル記者どもが実名を平然と公表

「元々匿名で済んでいた話だったのに、立憲民主党の杉尾秀哉議員が「民放の記者」と明らかにしてしまい、テレビ朝日が「自社の社員」だと公表してしまい、フリー記者が民進党の会見で「進優子氏の実名」を出してしまい、その会見の動画を民進党が公開してしまったことで、福田事務次官のセクハラ疑惑の当事者がテレビ朝日の進優子さんであったと拡散してしまったわけです。」

これ、取材しにくくしやがってとか、ネタばらししやがってとか、上司がなってないんじゃねえかとか、業界身内の感情がうずまいてそうですな。

録音自体はつぎはぎも疑われ、しかも内容たるや、、、、


どなたがキャプられたのか、拾ってきた画像ですみません。

セクハラなんだから音源流出をとがめてはいけないとか何とかいう人がいるのですけどね。

このやりとりですが、仕事つまり取材だったなら音源は会社のものだから無断流用は横領相当です。
セクハラの是正ですが、猥談の相手が嫌なら会社からそう申し入れればいい。これをネタにむしろいい情報ももらえるチャンスという価値観の記者もいるだろうという指摘もあるが、嫌なら仕方ない。
相手するのが嫌なのに、申し入れもなく異動もさせてもらえないなら、枕営業まがいの強要ですから、これは労働問題です。労務局かどっかにまずいくべきでしょう。

取材じゃないのなら、それでも何度も自分から出かけて行って猥談の相手したなら個人的な関係と思われて当然です。個人的なやりとりを流用するのは信義則に反する
自分から何度もきておいてそれはないだろうということで、司法に名誉棄損で訴えるのはまったく正しい。

どっちにしても、まずはテレ朝と記者の問題です。
ですから、こうなったらいったるでという感じでテレ朝が「抗議」とか#metoo的に動くのが馬鹿げているとしかいえません。

それで国会が動かないのは、なにがなんでも倒閣に結び付けたいということでしょう。

安倍首相は、外交はけっこうカタいけど内政はどうだかなあとは思っています。労働問題も放送法も重要ポイントは外してるし、著作権延長や種子法廃止とかはもう全然気に入らない。
それでも、こんなアホなことで政権交代する前例ができてはどうしようもないので、野党側につく気には一切ならない。そういう人はまだまだいるのだろうと思う。

政権が悪いから役人もこんななんや、というのが倒閣運動のスタンスですが、役人はもともとこういうもんなんだよ。それで政権をころころかえても、役人が良くなるわけないじゃないか。

井口博之氏の写真展2018/04/17 22:55

知っている方の写真展があります。



富士フィルムフォトサロン 大阪 4月20日-26日
井口博之写真展「ネパール讃歌/神々の大地に生きる」

先行して写真集も出されたのでその内容で展示されるのだと思う。
その写真は、医療ボランティア(AOCAアイキャンプ)に同行した氏による、ネパールのひとたちの、なんのことはない日常的スナップ、に、みえる。

で、私はご一緒したことがあるから知っているのであるが、、、

これ、ものすごく演出入っているのです
決して貶しているのではない。
絵になりそうな状況を見たら、遠慮なくそのへんの家の人や通行人や子供まで、片言のネパール語で動員して、場面をつくってしまわれる。洗濯物を奪い並べ、山羊をおいたてるのも見たぞ。

そうして、色も構図も破綻のない、よくできたスナップが誕生。

これは、大したもんなのですよ
そこにいろあそこに立てと片言身振りでいわれて、みんななんとなくその通りにしてしまう
現場では、感心するしかなかった。

井口氏がさっくり「これはこうしたらエエ」と作り上げた中に井口氏が入り込んだ写真を、私が撮らしてもらったこともあるのだが、イメージしたであろうように撮るのはなかなか難しく、後で、ああ撮ればよかったんやなと思いだすことしきり。

言い訳すると、私は、スナップは基本的には絶対非演出という古典的な人間です。
ですので、あそこまでなんでもその場でつくりあげてしかもきれいに撮ってしまうやりようを見て、世間知らずであるが、衝撃的であった。
街角を即興のスタジオにした、といっていい。。

そしてまた、ネパール現地で、どこにでも入りこんでしまう方でもあった。
早朝のバス停のそばの集合住宅に、景色を上からみようとが階段をどんどん上がり、たまたま開いていたおうちに挨拶まくしたてながら入りこんで、ベッドの横の、火の神様の祀られた竈をみせてもらうなんて、井口氏と一緒じゃないと絶対やらない。
こういうのをコミュニケーション能力というのかは知らない。いまどきの日本ではなかなか無理やろうとも思いますが、ネパールでだって普通はやらないよ。写真撮ってるうちにそういうお方になったのか、そういうお方だからそういう写真になったのか

街角スナップに演出なんて、という人もいようが、ドアノーの有名な、パリの街角でキスする男女の写真、あれも、甥だか姪だかをつかって撮ったもので、ほんの5秒で有名になったと、ご本人は嘯いたそうではないですか。ドアノーはいうまでもないがブレッソンの盟友というべき存在。古い名前ばかりですみませんが。

ここにさりげなく立ってる男は引っ張ってこられたんやろな、子供たちはかきあつめてきたんかいな、シーツとかきれいな色やけどいらんもんは当然ぜんぶ除けたんやろねえ、というふうに製造工程を想像しながら見ると、格段に楽しめる
ようできてますやろ、という井口氏のにやにや笑いが、その写真のむこうに浮かぶのである。

つくるんだったらこれくらいやろうよ、ということで、私も学会が大阪であるので合間に行こうとおもいます。

覚え イラク日報2018/04/17 22:04

おぼえです。

自衛隊、イラク日報の全文を朝日新聞が公開

平成17年(2005年)9月26日の日報分から平成18年(2006年)7月18日にかけて、ほのぼの面白い記事がちょこちょこ出ると評判です。
「事実を整える」 Nathan(ねーさん) 
「防衛省自衛隊日報が面白い:バグダッド日誌バスラ日誌などの見つけ方」

当然まとめサイトもできまして。

OCR処理して単語から記事を検索できるようにしてしまう人まで出ました。

いかに戦闘地帯でなかったか記録してるんだから、求められるありようとしては正しいです罠。
こんな日報、軍隊と言えんという向きもあるが、軍隊じゃないんでしょ。

セクハラ録音とセカンドレイプ2018/04/17 16:20

財務次官さんが、セクハラ発言かましたという録音が出たそうな。

朝日新聞デジタル 「財務次官のセクハラ発言? 新潮が音声データを公開」
2018年4月13日21時19分
「週刊新潮は午後になって、福田氏が飲食店で30代の女性記者に「胸触っていい?」「予算が通ったら浮気するか」「抱きしめていい?」などと話したとする音声データを公開した。上野賢一郎・財務副大臣はこの日の衆院厚労委員会で「音源を確認し、しかるべき対応をさせていただきたい」と述べた。」

自分の声というのは肯定してるそうですが、相手が誰なのか黙ってるということは、飲み屋のおねえちゃんじゃないでしょう、と想像させる。
相手が記者なら、上下関係はないとはいえ、取材源という立場でそういうことをいうわけですから、、勧誘に来た保険外交員に、酔って、枕しろとからむいうようなもんです。十分危ない。
だから黙ってるのは保身としては正解。アラーキーが黙ってるのと一緒。

それでも、状況がどうか明らかにしようという動きをなんでも「セカンドレイプ」といって弾劾するのはどうかと思う。
不快であろうが被害者自身が語らなければ、こういうものは、どうしようもないではないですか。
語る被害者を叩くからセカンドレイプになるのであって、叩くのが悪いし、叩かなければいいし、叩く奴をも叩くべきでしょう。
べつに本人をはじめから出してくる必要はない。ネタ元新潮が、これこれこういう状況で、と、推定被害者本人の言い分を匿名的にでもいいからまずちゃんと書いたらどうかな。それでも否定できるかどうか、本人にはわかるだろうし。

#metoo 運動のすごさは、実名で顔出してやってることですよ。
尻馬に乗って匿名でやっても、確認できない情報源では、「嫌です」という言葉だって合成音声の切り張りと区別はつかない。噂根拠で非国民狩りやるようなもんです。
性犯罪は冤罪も多いのに、なんでこうも前のめりになるのか。いつからここは北朝鮮になった?

セカンドレイプする奴から被害者を守ってやる、という意思表示をするべきところで、単に、顔出したらセカンドレイプされるだろう許せん、と叫ぶのはどうだかですよねえ。つまり事実の確認はいらない、言ってることが正しいからいいんだと、いつもながらの理屈なんでしょうかね。
おっさんどもに一方的に踏まれてきたと感じて恨みがあるんだろうけど、おっさんから差別されたからといって、どんなおっさんでも差別してもいいわけではない。
放射線にきれいときたないがある、ような感じの理屈ですね。たぶん言うクラスターも近い。

あと、相手が飲み屋のねーちゃんでもセクハラはセクハラとかいう人、飲み屋にいってそれ、くだまいてるおっさんに言ってきてください
ママが出てきて、アホ乗せて金毟るのが商売なのに邪魔すんなといって叩きだされると思う。
身障者差別を弾劾する連中が身障者から仕事を奪ったような感じですな。

こうやって、自分が正義と息巻く連中は、右も左も、結局は似てくる

後記
そういう店で言葉遊びを、とかいう釈明が出たそうです。
あきれた言い訳だキー、という向きが目立つんですが、とにかく許せないセクハラと決めつけたいというのは公正な態度ではないよ。
べつにセクハラではありえないなんて言わんのですが、どんなでっちあげも通ってしまう構造ができてしまうのは、国民自身にとって、決していいことではない
ちゃんと検証しようよ。

再後記
テレビ朝日の女性記者が1年半にわたって猥談の相手させられ、事情言って担当替えを頼むも上司にダメといわれて録音を新潮に流したそうな。これ、さっさと替えてりゃそれで終わった話で、上司は枕で情報とれといったに等しい。女性記者がキレた、ということですか。
他メディアに無断録音勝手に流すのもどうだかですが、そこを問題にするとさらに危なそうだし、社内的にどう処理するんでしょうかね。週刊新潮から追加記事の出るかもしれない新号発売前夜に急きょ記者会見というのも姑息次官も次官だがメディアもメディア
それみろ次官のセクハラ、上司も屑だと威張る向きもあるようですが、それは結果論。テレ朝の話は初めて公になったのだし、どこにセカンドレイプあるんですかね。検証は大切やなあと再確認しました。

数学とおちこぼれ2018/04/14 12:18

貧困調査と称して出会い喫茶に入り浸っていたもと文部次官、天下りを政権に踏まれて吠え始めた感があるのですが、高校では数学がおちこぼれの要因になるから廃止せよと言い出したそうな。
あまりに記事が多くてどれを引用したらいいかわからん。

高校とか教育とかがどうあるべきか、というところから始めるしかない話を、いまの体制を維持するためにどうしたらいいか、という次元でしか語れないのはどうかとも思いますが、それ以前に。

ゆとり教育でそうもっていったのが、前川氏やその上司さんの寺脇氏じゃなかったんですか。
自分らの教育制度の失敗を受け手の生徒のせいにして、さらに制度改悪を上塗り提唱するのは、役人ぽくて流石、と思います。

内容の当否はともかく、完全な「おまゆう」案件であって、そこでこんなことを言いだす人はふつうは「恥知らず」という。
そういう人の言うことが信用するに値するとは到底思わんのですが、しかし、いうことがなんかの役にたつので喜んで持ち上げる人が後を絶たない。

土俵の上の子供2018/04/14 11:52

市長救命で土俵に上がった女性を降りろとアナウンスする体質の相撲協会ですが、こんどは、ちびっこ相撲の女児を禁止するもよう。
関係ないと協会はのたまうが、そんなわけあるかよと言いたくなるくらい、信用度は低いんじゃないですか。

「「ちびっこ相撲」でも禁止。女の子は土俵に上がらないように相撲協会が要請
「男子に比べ、女子のけがが目立つと保護者や主催団体から意見が寄せられた。安全面を考慮した」と協会は説明している。」 ハフポスト日本版編集部

公園の遊具を排除するのと同じ理屈で神事を運営するわけで、まことに日本の国技です。

この理屈でいけば、遠からず、「怪我すると困るから男の子も土俵に上がるな」になるでしょう

土俵に上がるものの特別化を図る方が組織運営によい、ということなんでしょうが、そんなローカルルールの団体を公的に支援する必要があるのかとは思います。

感想 シェイプオブウォーター2018/04/12 15:45

ネタバレします。

「シェイプオブウォーター」、いろいろちゃんと伏線張ってしっかり回収、画面もよくできています。
登場人物すべてにきっちり個人史があるようにつくっている。

伏線というと、首の傷はえらそっくりと初めから思わせ、最後にきっちり活用してみせてくれた。「やっぱり」と言ってしまったが、のせられたというべきか。ただ、人間にとって解剖学的にエラにあたるのはあんな首筋じゃなくてもっと顎から耳のほうなんじゃないか、そういう問題ではないか。
水圧考えたら部屋にあんだけはたまらないでしょうけど、そこがおとぎ話。
唯一気になったのは、水門ちゃんとあかなきゃ逃げられへんのちゃうん、ということでした。下の方あいてるんですかね、潮の干満があるから密閉はしてないんでしょうけど。
退屈なセックスはわかるんだがそもそもぼかし入れんとあかんような角度からとる画面は要ったんやろか。となると、ただの正常位じゃなかったんかな、ノーカットみたひとは特にコメントしてなかったけど。

そういうのはすっとばして感じたこと。
とても胸糞が悪くて、つまりは下っ端の潰し合いのお話なのだね。

なにかというと下っ端が世界を変える映画ばかりをよく見るのです。
そういうものに慣れ過ぎたが、こっちのほうが、あたりまえですが、リアルです。
世界なんかかわらないよ。

死ぬか化けるかで、やっとそこから逃れられるというオチが、本当に鬱だ。

京都のヘイトタクシー?2018/04/09 21:39

こういうことを書いている人がいた。

ヘイトタクシーの街、京都。
京都市内のタクシー運転手の人種差別発言がひどい。京都精華大学教員に着任してから4年目を迎えるが、事態は悪化するばかりである。10回タクシーを使えば6-7回は「中国人」「韓国人」「外国人」を罵倒する運転手にあたる。」「内々でよそ者を差別し、それを快とし、その快楽を分かちもつことによって結束を固めるのが京都人の性なのか?そうは考えたくない。しかし京都の人々がこの事態を許しているのは事実だ。」

これが本当かどうかは知らない、というのは、私はいまだかってこういう運転手に当たったことがないのです。

週に数回は乗るし、最近はあまり会社も選ばない。
だから、「許している」といわれても、あったこともないのに許すも何もない

で、これに対する反応を見ていると、私も似たようなめにあったという、京都外からのひとの声がちょこちょこみられるのです。

これって、つまり、相手が地元民ならやらないということか。
部落差別にからんだことをいう運転手もいると書く人もいた。
この居住区ネタについては、相手が京都地元民だと、ことによるとあっというまに会社ごとつるし上げくらうわ。
あとに引かなさそうな旅行者相手にいうのだろうかね、旅人相手の恥はかき捨て。

しかし外国人ヘイトねえ。
東京ぶった乗客を、あんたも中国人や韓国人と同様、よそのお方やで、ちゃらちゃらしてたらあかんのやでと、いじくってるんじゃないですか。
乗客相手に結束を固めてるんじゃなく、「よそのおかたに、べつのよそのひとの悪口を言って、お前も気いつけやと牽制する」という技なんじゃないでしょうかね。
特に客が東京っぽい人だと、田舎者扱いに慣れてなくて無防備なので、うれしがってやりそうな気がする。

そう思えば、ブロガーさんの不快も、勘違いはあるけど当然のことです。反論できない形でマウントとるのが目的だからね。かの有名な「いけず」と構造は一緒
なんでそんなことするのか知らんけど、じつに京都らしいタクシーといえるでしょう。

以上、勝手な妄想と決めつけですので、あしからずご了承ください。
繰り返しますが、京都でタクシーに乗ってそんな変な話をされることは、私自身はありません。

お馬鹿なクレームと国技的反応2018/04/04 23:29

舞鶴での相撲巡業、市長が挨拶のときに土俵で心停止、女性の医療関係者が心マしてるときに、女性は土俵から降りろとアナウンスがあったという。

救命中「女性は土俵から下りて」 大相撲巡業、市長倒れ
4/4(水) 19:36配信 京都新聞
「土俵上で多々見良三市長(67)があいさつ中に倒れ、心臓マッサージなど救命処置をしていた女性に、女性は土俵から下りるようにとの場内アナウンスが数回行われたことが複数の観客の証言などで同日分かった。主催した実行委員会は「会場に待機していた消防署員と処置を交代したのでアナウンスが行われた」と説明している。」

処置を交代したので降りろといった、というのですが、そのへんにまだ動画がころがってると思いますが心マの途中でアナウンスしてるんじゃないですか。交代なんかしてないし、隊員が来たから交代しろといいましたということと解釈するにしても、もしくはほかにも女性たちが数人駆け寄っていくのを制止しようとしたのかもしれないにしても、そもそも、緊急時に一番にアナウンスで気にするのがそれか
つじつまあわせの言い訳にしか思えんのですが、たぶんこっから、動画の方が削除されていくんだろうな。
観客が、女性が上がっていいのかといいだして、若手行事が慌ててアナウンスしてしまったという話もあって、こっちのほうが事実なんじゃないのかしら。
メディアがメディアだけどw

若手行司が女人禁制の指摘に慌て土俵降下アナウンス
[2018年4月4日22時22分] 日刊スポーツ
「場内が騒然とする中、スタッフ、観客らが心臓マッサージなどを施した。その中に含まれていた女性に対し、土俵から降りるようにとの場内アナウンスがあったという。」「日本相撲協会関係者によると、一部観客の中から「女性が土俵に上がっていいのか?」との声が挙がり、指摘を受けた若手行司が慌てて場内にアナウンスしてしまったという。」

やらかした若手行司を協会がどこまでかばうかですかねえ。

日本は「和」の国らしく、問題がなければ誰も何も言わないはず、なにかクレームがつくならそれ自体が問題、という感じで、どこもここも、ちょっとしたクレームがあればすぐに規則ができ立入は禁止されイベントは中止され出版は引き上げられる。これはとてもよくないと思うのでである。
さらに気に入らないのは、そういうクレームでおこる不便が一般人にまわってくるときだけそうなることだ。いくら文句言ってもなくならない施設やイベントの、まったくの妥協のなさもきわだつ。
つまり、まともなフィードバックがかからないのです

今回の場合。相撲協会は、はじめの記事の見解に従っているなら、問題がなかったわけでして、せいぜい、放送するな小声で言いに行けと若手行司に叱責がいっておわり、と予想。

日本でおこるクレームとその処理がどんなものなのか、この一件、じつによくあらわれています。
女が上がっていいのかといった客も客ですが、ちょっとでも批判があれば、その尻馬に乗って過剰に回避に走るありようは、まことに目先のクレームに弱い日本の組織の下っ端というか、さすが国技といってよろしいでしょう。

(後記) 八角親方さっさと陳謝したもよう。あの動画じゃはじめの見解はやはり無理ですか、さすがにねえ、そこでこだわっても炎上するだけだし。協会の上層部は、女人禁制は、ひとに指図する口実としてありがたみを温存してるだけで、どうでもいいとたぶん思ってますね。しきたりにしがみつくのは決定権のない下っ端だったりする。ロシアでは閉門時間だといってえらい神父を教会に入れなかった門衛という例えがあったように思う。指図する口実があればひとは指図する。

(さらに後記) 助けにあがっていったのが女性ばかりで情けない、という声があります。あの会場内での男性医師女性医師男性看護師女性看護師の人数が、舞鶴全体でのそれぞれの人数比率を反映していたとしても、それはもう女性看護師がずっと多かったでしょう。実際に上がった方が医師かナースかは存じませんが、突発緊急事態でのよくできるナースの動きの速さは、そこらの男性医者の真似できるもんじゃないですよ、敵いません。そして、あまりたくさん上がっても邪魔という頭もあったでしょう、これは情けない言い訳の代行になりますが。

京大の軍事研究基本方針2018/03/29 12:32

軍事は社会での重要な一分野であって、それに関連しえないものごとは、実際問題、ない
拡大解釈したらもうなにもできなくなってしまうようなわけのわからない指針は、どういう経緯で制定されたもんだか。
予算のとり方がおおもとにたぶんあるんだろうと思いますけど、たとえば委託研究費(いまどきそういう名称かは知らない)をだす企業がいわゆる軍事分野にも手を出してたらそれでもうアウトになってしまうような前提は、そのうち魔女狩りを生まんか?

過小に評価するにしても、一種の「選択と集中」の陰画です。それで研究が興隆したためしはない。

コンピュータにしても通信システムにしても素材工学にしても軍事がもとで発達した分野は限りない。軍事予算であっても、平和利用が基本もしくは大いに可能な技術であればむしろ推進するべきでしょう。

「結果的に戦場での殺傷に直接関与するすることがあきらかになった時点で、その研究に関して本学の施設の使用を禁止する」
程度だったらわかるんですが。

よく読むと「それを脅かすことに繋がる」という文言があり、じゃあそれらに繋がらなければいいのかという話になるが、こんなもん原理主義者にかかったら「繋がらない軍事研究なんてない」て突破されるだろう。あえて「軍事研究」を定義しないから大丈夫なんてお利口なやり口は、姑息といったらいいのかどうなのか。
個別案件は学長云々が逃げになってるんかもしれんが、例外で認めるんじゃなく、研究なんでもありが前提やないと、自由も何もありませんで

学内で何か突き上げがあって、それに対するぎりぎりの逃げがこうだったのかもしれないし、積極的にこうやって、猿山を守ろうとする人がいるのかもしれない。あとで突っ込まれないように、申請書の書き方を考えろ、程度のことなのかもしれませんがね。
なににしても、どうなんやろ、いい大学と思ったが。

重要なので全文以下に引用。以上、この指針文面のみからコメントしてます。

「京都大学における軍事研究に関する基本方針」
本学は、創立以来築いてきた自由の学風を継承し、地球社会の調和ある共存に貢献するため、研究の自由と自主を基礎に高い倫理性を備えた研究活動により、世界に卓越した知の創造を行うことを基本理念に掲げています。
本学において研究に従事する全ての者は、この基本理念のもと、主体的判断により行う研究活動とその成果が将来に亘り地球社会に与え得る影響を自覚しながら、高次の専門的能力と総合的視野をもって社会からの信頼と負託に応えてゆくことが求められます。
このことから、本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋がる軍事研究は、これを行わないこととします。
なお、個別の事案について判断が必要な場合は、総長が設置する常置の委員会において審議することとします。
国立大学法人京都大学