ひとつひとつなくなっていく、たとえばオイルヒーター2020/11/01 15:31

オイルヒーターを今期はじめて点けたら、ふつうに温かくなったのだけれど、数時間後変な匂い残して電源ランプ切れていた。もううんともすんともいわない。
アメリカで買って30年近く、あかんようになってもおかしくないわなあ、、お疲れさまですた。
家内は、どう捨てたらいいのかさっさと検討開始した。

尼で代わりをさがすが、メカニカルでタイマー式で安いのってないのだね、コンセントタイマーにするのがいいか。

こわれたやつはデロンギで、クリスマスセールで、ベイブリッジわたってバークレーより北のモールの、メイシーズだかエンポリウムだか、はたまた電機店のベストだかで買ったのだと思う、100ドルしなかったろう。
いまみると、デロンギ日本じゃ高価いねえ、、、

こうして身の回りのものがちょっとづつ入れ替わる。

昔の記憶のこびりついたものがひとつひとつなくなっていくが、あまりに長生きして、記憶にかかわるものが自分の身ひとつになった状況は、寂しいと思うものなのかどうなのか、ちょっとリアルに考えるようになってきた。

長生したうえで思うという前提は、ただの仮想です、当然ながら。
たのむからフラグとかいわないこと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2020/11/01/9312072/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。