素人のギター妄言 花嫁とボギーボビー2020/06/03 13:49

先に書きますが私はギターはほぼ素人で、以下に書くのは、「大ガラスが机に似ている」レベルの妄言ですから、理論ちゃんとした人は読まない方がいいです。
読んでも、いちいちつっこまないでくださいまし。

古い曲ですが。
中島みゆき「ボギーボビーの赤いバラ」を弾くうちに、どうにも、はしだのりひことクライマックス「花嫁」が似てる、と感じてしまいまして、、、

やってみればわかるが、歌詞入れ替えても歌えるんですよ。

曲の作りは、イントロと間奏無視すると、

花嫁
A A’ B A’ A A’ B A’

ボギーボビー
A A’ B A’ A A’ B A’ B A’

です、よくある構成ではあるけども同じです。

Gのコード譜にすると、

花嫁
Aメロ  G Bm Em Bm C Am Bm D7
A'メロ  G Bm Em Bm C D7 G (G7)
Bメロ     C Am Bm G7 C Am Bm D7

ボギーボビー
Aメロ  G+G/C G+G/C Bm/F# Em C D7 G+G/C G+G/C
A'メロ  G+G/C G+G/C Bm/F# Em C D7 G+G/C (G+D/F#)
Bメロ  Em Em Bm Em Am C D7 D7

おわりには()が使われません。

Aメロ、A'メロでは、ボギーボビーは分数コードにして工夫してますが、むしろ、無理に違いを出そうとしてる感じすらある(偏見ね、これ)。
使ってるコードはほぼおなじ(Gだからあたりまえといえばそうですが)、とくにA'は、Bm抜いただけのそっくりな配列
Bメロはさすがに違う。
歌詞からくる曲想としては、未来を決意してぐっともりあげる花嫁、結果に腹を立てていきなり手を振り上げて怒り始めるボギーボビー、という感じですね。
コード自体は花嫁にあったG7がボギーボビーではなくなってる。Gの曲なのにGがないのである(意味があるか不明)。かわりに花嫁になかったEmが多用されてる。そもそも、A'とBの橋渡しにも、花嫁ではG7だが、ボギーボビーではGからいきなりD/F#へ展開。願われていた未来とは違ってしまった、ような感じ。それでもA'に戻る時はどちらもD7を経由。過去は似てたのにねえ。
以上、何もわかってない人間の屁理屈


で、71年の花嫁が、76年には枯れて捨てられて跡もなし、という妄想にふけっております。