汚染国ですね2020/02/14 09:01

経路のわからない感染者があちこちに現れ死人までいるんだし、COVID-19 について、もう日本は立派な汚染国です。

さらにあきらかなパンデミックになった場合の社会活動の制限はどう法制化されてるんですかねあるならちゃんと広報してほしい
感染者、そう疑われるものに対する、対個人の個別対策については、ちまちま変更しつつ小出しに報道されてますが、「人ごみ自体の規制」を考えとく必要もあるでしょう。
コンサートや各種大会、集会はもちろん、満員電車や、果ては繁華街まで。中国ではそうしている。
医者の集談会とか学会とか、実は危ないと思う
参加してるセンセイの誰かが受診者からひっかけてる可能性は、ふつうの人間集団より高いんじゃないですか。今週末ひとつあるんですがw

もし不十分なものしかないのであれば、独裁国じゃないといっても公衆衛生上の必要は違うんだからどうやって混雑状態の規制等するか法制を今からでも考える必要あるんでないか。

豚コレラのときもそうでしたが、規制したときの損害の賠償が問題なんでしょうがそれも整理して

オリンピックはやめないとか意地はってる場合じゃないと思うんですが

繰り返しますが、、小学校かなんかで、子供の中だけで無症状でひろがる可能性があるわけですね。
若年感染者無症状というのがとにかくコワいと思うんですがねえ。
病人老人がじっとしてても近づいた若年者が感染力のある無症状者だったらアウトなんですがみんなどこまでわかってんのかね。
最近の感染者の感染経路もわからんというならすでに相当蔓延してると考えるほうがいいと思うが、集団対策がまったく見えません。

老人病人に接する医療機関にいるひとは、入院外来に限らずみな簡易でいいのでマスクする方がいいと思うが、そのレベルのマスクも払底してる。
そんな状況でなんで中国になん十万枚もマスク送るのか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2020/02/14/9213678/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。