皆保険崩壊序曲2018/09/13 22:56

あまり話題になってませんが、国保の管掌が市町村から都道府県になったのを背景に、医師会と不仲な奈良県知事が、奈良県での保険点数を一律一点9円にするといいだして、界隈がかなりもめています。

June 1, 2018 / Last updated : June 2, 2018 user
「奈良だけ「1点9円」は実現するか 地域別診療報酬、裏で糸を引く財務省」
医薬経済 2018/6/1
「奈良県は、国が例外的に認める「地域別診療報酬」を積極的に検討する方針を打ち出した。18年度からの第3期医療費適正化計画で、23年度の医療費目標を4813億円と設定。16年度の4614億円から199億円増に抑える計画だ。地域医療構想に基づく病院機能の分化・連携の推進、後発品の使用割合全国1位の水準(23年度)など適正化の取り組みを進め、それでも医療費目標を達成できない場合、国民健康保険の保険料水準を引き上げるか検討するのと併せて、地域別診療報酬を検討する。」

これ、「利益が一割減る」ではなく「売り上げの一割分、利益が減る」。
薬の差益で言うと、いまどきは純正品一割ない、ゾロでも2割超えたらいいほうだから、それがメインなら食っていけない。
安い医療求めてまわりの府県から患者がきて忙しくはなる。赤字の増えた公的病院の補助も増やす必要。
ことによっては保険医療崩壊の蟻の一穴になるかもしれません。実施されたら大変な社会実験で、実験台は医師も患者も大変。つか、実験で済むの?

これに対して保険医返上くらいせんと、あかんのちゃうかと思うが今どきできるんだろうかね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2018/09/13/8960034/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。