ポリコレの昨今2018/01/09 20:08

すみません、あれこれええかげんに、いいっぱなします、異論はあろうがここで議論する気はないので。

ベッキーのタイキックでいろいろ出てるが。

どつき漫才、しばき漫才を面白いとおもったことがない容姿をネタにする出し物もきらいなので、それらにポリコレの余波がきつつあるのは結構なことですね。
ハリセンは誇張表現としてなんとか許容してます。まあ私の好みなんてどうでもいいにしても。

欧米とくに米国での黒人差別がひどすぎたので、いま米国白人どもの一部はその尻拭いにポリコレもちだして、自分たちだけじゃなくほかの人種や文化単位を巻き添えにしようとしてるというところなのですが、、、

自分らが殺し過ぎた動物の尻拭いに動物愛護叫ぶのといっしょ、まあ愛護の精神自体は否定はしないけどね。

とくに映画芸能はアメリカのもんの輸入が多かったからなんでしょうが、関係性をそのまま持ち込んで真顔で「日本人」相手にアメリカでどうだったとえんえん説明する知識人さまたちにちょっと辟易。

日本の文脈に差別としてない表現を、不快に思う人がこの世にいるからという一点でどうこういうのはどうだかです。
不快に思うひとがいるだけでコントロールさせるなら、なんだっていえてしまう。
表現の自由に対する悪影響の方が日本では大きい。そういう馬鹿が無数にいるから。

ここから違う件。

反黒人差別運動が、いろんな差別運動のモデルになってしまうので、女性差別にしても LGBT にしても似たような動きになってしまっている。

ハリウッドの騒ぎについてはカトリーヌ‐ドヌーヴが苦言をはいている。
カトリーヌ・ドヌーヴのセクハラ告発非難に物議 当事者の女優が批判「内に秘めた女性嫌悪がある」 ドヌーヴは「男性への憎悪を掻き立てている」と訴えていました。
 2018年01月10日 14時13分 JST ハフィントンポスト
「女優カトリーヌ・ドヌーヴをはじめとするフランスの女性100人が1月9日、ルモンド紙に書簡を寄稿し、セクハラなどの性暴力を告発する「#MeToo」運動は行き過ぎで、「ピューリタニズム」(潔癖主義)であり、「浄化の波」だとし、「全体主義の風潮を作り出している」と批判した。」

私は自分で決められたわよほんとに嫌なら蹴りだしたわよ馬鹿にしないで、ということでしょうかね、なににしても人種や性差についてのアメリカ発のポリコレ運動は、過去の(いまも?)アメリカがひどすぎた反動でもあり、それを正当化するために全世界に「おまえもそうやろ」と広めて回ろうとなれば反発が出るのもあたりまえではありましょう。

アメリカの失敗はアメリカの中でなんとかすればいいので、他の国にも問題はあるでしょうが、勝手に連帯して扱うのもどうかと思う。

実際、外国に行って日本の女性差別ガーと日本語で、NYTを誤訳してまで騒ぐひともいる。
誤訳を指摘されたら、そんなことは読めばわかることで、いいたいことは正しいとかヒステリックにおっしゃるそうだ、前提の違う話ははじめからやり直せよ。

ただし、、、、、NYT的には、伊藤‐山口事件も、女性差別の文脈になってるがそもそもあれは警察の組織の問題として持ち出したんじゃないの?
まあ、そのなかでもレイプ事件がいかに女性に不利に運用されるか知られた話でもある。
余談、有罪となって服役しても、被害者の名前住所等、刑務所でなんかのたびに大きく口唱して運用されるので、犯人どころか同室者まで覚えてしまうらしい。性犯罪者の3割近くが性犯罪を再犯するという。

もしとつただし、伊藤-山口事件、検察審議会まで通って不起訴相当なんだから現状は推定無罪であって、メディアが山口氏をたたくのはやりすぎ、、、本人の言い分だけでも十分下司いのですが。
あの手口は被害者がいるとすれば一人じゃすまないはず、まず探しだしてみてください。

話はさらにずれますが、警察の立件の恣意性を、もうちょっとちゃんと調べたほうがいい、、、が、けっきょく、警察のマンパワーが、まんべんなくふりわけられるほどないのだと思う。限られたリソースは偏る。

あまり行政があてにならなければ、裏で手を回していいようにできるものがのさばる。
いやもともとこの世はそうだったのが、警察がそういうものを潰し続けてきたので、そろそろ、とんでもない腐敗があちこちの警察にあからさまに発生するんじゃないかと心配している。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2018/01/09/8766429/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。