日野氏のビンタ事件2017/09/03 20:36

ジャズトランぺッターの日野氏が、中学生のジャズイベントで暴走した教え子に、舞台上で髪をつかんで頬を殴ったということで、あれこれ喧しい。

「コンサートは東京都世田谷区教育委員会主催の体験学習で8月20日に行われた。男子生徒はソロ演奏をやめず、スティックを取り上げても従わなかったため、手を上げた。その後、生徒が謝りに来たという。」

まー、イベントというのは非常事態ですしねえ、のぼせあがって自分でも自分がコントロールできなくなった場合、ひっぱたいてショックを与え正気に戻す、というのは、教育というより緊急時の治療に近いものがあるかもしれない
未成年がそのまま泡吹いてぶっ倒れたら別の問題になりますし。
これが、日野氏の行動を正当化する唯一の理由づけと思います。非常に無理はあるけど、てんかんの診断書があったらいけるかもしれない。

しかしまあ、家父長的な「しつけ」の文脈でとらえられることが多いのは仕方ないし、実際そうなんでしょう。
学祭クラス行事で好き勝手はじめた生徒を担任がビンタしたようなもんですかね。
そうじゃない、もっとちゃんとした見世物のつもりでいった観客は不幸生徒はそういうコなんだと思う、そこでそういう場をつくってしまってそういう解決しかできんかった担任は出会いが不運だったかしらんが能力不足はいわれても仕方ない。
といっても、それが、ひごろ接する機会の多い担当教諭であればもっと観察も行き届いてるでしょう、いっそはじめから出さないとか、なにがしかのストッパーをいっしょに演らせるとか、リスク軽減しませんか。

ま、「不参加」の許されない、ぬけることも簡単ではない教育や就業の現場での「体罰」とは話が違うので、ちょっと例えが不適切かもしれない。
公募に応じ、自由意思(親の意思かもしれんが)でこういう人の下についたのでして、本番でいきなりこういう人になったわけでもありますまい。

この場所この生徒は日野氏プレゼンツだから成立したわけですよね。
ビッグバンドジャズ形式だから教育委員会肝入りイベントでもおかしくはない。
つまりこれは、日野氏が学習発表会をひきいたらこうなりましたという、特殊なケースと思います。
日野氏にしてみたら、生徒はアーチストではなくたぶんあくまでも指導対象でしかなかったわけです。そして、なんかあったらしばきたおすのが手持ちの指導方法なのでしょう。
ですので、この際日野氏を語る言葉としては、「とうとうみんなの前でやってしまいましたなあ」ですか。

この話の居心地の悪さは、家族のクリスマスイベントでおこった親子喧嘩に無理矢理コメントするキモチ悪さに近いと思います。
「身内」のこととしてやってるわけですから、もともとが、外に見せるべきものではなかったのですね。親は「きびしい他人のオトナ」がいてくれてうれしいんでしょう。人にさせるより自分でしばけよ。
ドメスティックバイオレンスといってもいいけど、その扱いは「身内」である以上難しい。
身内じゃなきゃできないことがあるのもわかる。しかし、それだけに外に見せてはいかんでそ。
そのレベルのものを公式大公開したならダメ出し食らってあたりまえ

板場割烹であるじが下回りを気が利かないと言って客の前でぼろくそにぶん回すようなもんですか。実際そういうのも見たけどやめてくれ。

ひょっとして指導云々じゃなく、共演者にもこの次元でアクションしてるんじゃないでしょうね。うわー見たくない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2017/09/03/8668484/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。