フェイコマシン比較2017/09/02 14:41

ひさしぶりに眼科医ネタ。 白内障手術器械の話です。

現在使用中の AMO Souverin が補修期限も切れパックも市中在庫のみとなったので、更新すべく、いろいろ借りてみた。 

Souverin の設定にそって貸し出し機の設定してもらったが、私にとってベストかどうかはわからない、そのうえでの比較です。 
以下、手術の上手い人、突っ込まないでください。

術式は 
 古典的十字掘り一手法  ことによって分割鉤も使用
 チョッパー 
数が偏らないように行いました。 

私はなるべく手術をしない方針なので、実際に手術するとなるとそこそこ硬い核がでてきます。 

器械は 
Nidek Fortas Cube  上位 /A と、フェイコ部分はかわらんという。 
AMO Compact Intuitiv 小さい! 
AMO Whitestar Signature Pro 
B&L Stellaris combined 下位Anterior と、ポンプが違うけど使った感じはかわらんらしい
Alcon Constellation 
Alcon Centurion  


Fortas は、いまいちもったりした切れ味。前房まあまあ安定してる。 

Compact Intutiv 切れるが、前房安定いまいち。 

ここからあとは、どれも切れ味前房安定性ともに Souverin 同様か上。 

Constellation はまずまず切れる。はじかないので気持ちはいい。 

SignatureStellaris は似た感じ、けっこう切れるんだが、はじく。
Stellaris は還流液がもつ。高価いほうは圧縮空気がいるが 23G の硝子体カッターがつかえる。 

Centurion 道路工事の掘削ドリルみたいにどんどん掘れる、はじかない。 成熟白内障については私はいまだに8mmトンネル創の ECCE に PMMA レンズでいいと思ってるヒトなんですが、 PE の小瞳孔だとさすがにつらい。これをフェイコでやるなら Centurion ですかねえ、いや Centurion なら破嚢しなかったに違いない(ほんまか

短い期間限られた症例での感想でしかないですよ、繰り返しますが念のため。 

全体の印象としては、それなりに売値相応といったところw
あとは、ランニングコストも考えて、予算と相談です。 
どれもこれも、一昔前の水準で考えたら十分ですけどね。 

いい器械を入れたからといってよぶんに金のとれない保険診療は、現場の技術革新がなかなかできない。 
日本のメーカーがちゃんとしてほしいので書くが、Nidek ははやくフェムトセカンドレーザー器械を安くつくって、Fortas とセットで売るのがいいんじゃないかしらね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2017/09/02/8666847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。