筋肉とトレーニング2017/05/15 10:58

Sixpad とやらを買ってみまして。

電気刺激を与えて筋トレする、それに適した周波数を使う、という、本当かどうかわからない話。

ずっと左肩が痛いわけです。一昨年初冬にひねって、以来よくならない。
腕は上がるのでいわゆる50肩ではないようですが、肩の周りの腱が痛い。石灰化もおこっているらしい。
生体マッサージで、拘縮をゆるめて筋膜外しもしてもらいますが、効果薄い。
腕を回すと痛いので水泳もできなくなった。筋トレもなかなかいけない

鏡を見て、左の肩ががっさり肉が落ちていて、筋力低下からくる悪循環とつくづく思うのです。ところが、FBでどっかの人が、このひとは50肩ですが、この、 Sixpad で調子よくなったというので、心中ステマちゃうんかと突っ込みながらも鵜呑みにする素直な私は、ついつい買ってしまった。
藁にすがる気分なのですよ、ほんまにもう。

あれ、腹にあてるやつが見た目強烈です。以下画像を引用します。
腹にエイリアンがはりついているようになる。




あと、腕に巻くやつ、大腿に巻く奴、そのほかのところにあてる横長のやつがある。

上腕がとにかく弱いので腕の分を買った




1クール3サイクルで23分です。USBで充電できて、BTでコントロール可能というのが、いま風、電気刺激で筋肉をびくびくさせるのですね。

これってむかしからある電位治療器とどう違うんやろう。
骨折などでギブスして、筋が萎縮するのを、電気刺激で予防するというのは、ずっと昔からある話です。
電位治療器も、なんかを浄化するとかいうのはもう論外として、通電の仕方で、もむとかたたくとかの機能をうたったりする。つまり、マッサージになる、ようにみえるが、実際は、筋力をつけて筋萎縮や拘縮へのリスクを減らす、で効いてきたんじゃないのでしょうかね。
神経刺激で電位が発生して筋が収縮しようが、パルス通電に反応して筋が収縮しようが、収縮は収縮、ということか。

そうであれば、ふつうに動けて、筋力の余った若い人には、あまり意味ないだろう。痛いとか体力がないとかで筋をうごかせない人にこそ意味がある。
むかしからの銭湯には電気風呂というのがあって、びりびりしたものです。あれも、筋力のおちた老人の筋肉をちょっとでも使ったことにして維持しようという効果があったというなら、わかる話ではあります。

まだ数日しかしてない。貼り方がやっとわかってきた程度。
腕のやつはほかの部分に張りにくい。効果があったら、肩や背中に使うべく横長のを買おうかと思っています。




効果があればね。

罠だけ?2017/05/29 13:07

震災後立ち入れなくなった市街区域をいろんな動物がうろつくようになって、住民が帰還に困るという。

「居住制限区域は、イノシシが他のエリアの約九倍、アライグマやハクビシンは数十倍という過密状態だった。」「こうした事態を受けて、町では一昨年十月に猟友会の会員などで有害鳥獣捕獲隊を結成。週に二回のペースで九人が避難先から通い、わなを仕掛けて動物を捕る作業を続けてきた。」

私が前あのあたりいったときも、道路沿いに、獣に注意とか猪に注意とか看板が出ていた。それから2年以上たって、さらに獣は増えたでしょう。

そら居心地ええやろなあと思うのですが、あきらかにヒトのすんでない区域なんだから、なんで銃使わんのやろうと思うのですが。

200m以内に10軒以上住居があれば駄目、は基本ですが、立ち入り禁止にしてあればそこにはヒトは基本的にはいないはずなので、交差点の真ん中にでも餌つみあげて、夜間に照明つけてそのへんの家の中から撃つ、程度のことは認める立法措置したらあかんのやろうかと思うのです。

市街地に入ってきた野生動物に対してじつは社会は弱い。入ってこないことを前提に法規制されているから、いったん入り込んだら打つ手が非常に限られる。
でも、夜間立ち入り禁止にした時点で、すくなくとも夜間においてはそこは野山とかわりはない。

和歌山のほうではきびしい制約付きながらも夜間猟が行われるようになったとききます。
流れ弾で家がいたむとか心配はあろうが、住めなかったらそもそもいたみっぱなし
居住地として人間の手に戻したいなら、生活圏から野生動物をおいたてていった歴史を再現する必要がありましょう。

それが無理なら、もと市街の中心から野生動物のサンクチュアリになっていくばかりです。