行った店 マルタ2017/03/06 18:49

正月のマルタ共和国です。今頃ですが。

石垣島より小さいが、石畳の市街地みたいなところから緑の丘陵までいろいろある。
石器時代からの巨石遺跡もあって、まあ面白かった。3‐4日の滞在にはちょうどいい。2度といかずにすむ。
南欧ぽい景色にアングロサクソンがごろごろいて英語がふつうに通じるのは奇妙な感じではあった。

温度は上が15度でしたが、年配のアングロサクソンおっさんが岩場や浜の浅瀬にぷかぷか浮いていた。体のつくりがちがうとしかいいようがない

GUZE Bistrot」 Valetta マルタ島
ちょっと小さい店で、前日ネット予約したのですんなり入ったが、その場で断わられる客がそこそこいた。人気店なんでしょうな。
ウサギのコロッケは肉たっぷり、うし肉もうまかった。そこそこ食ってグラスで飲んでひとり50ユーロ。




Ta' Rikardu」 ゴゾ島
ゴゾ島の、砦の中にあるので有名、感じはにぎやかな定食屋。ランチに行った。ウサギの焼いたのと、チーズの入ったスープ、文句は特にないです。混んでるが、ちょっと待つと座れるようです。一人20ユーロ。
この店の名の入ったワイン買ったが、どこ製なんかね。




Ta' Kris」 Sliema マルタ島
狭い中心部の裏通り、とおりがかりに、翌日の予約した店。そのときは新年パーティーしてたようだ。
1月2日にいって、やはりいっぱい、つぎつぎと断られる予約なし客。でも、空いた席に、何時までならとかいってときどき入れてたし、がんばるなあ。メニュにないサラダもつくってくれたし。おいしくいただいて文句はない
一人30ユーロ。



Oggi cafe」 Sliema マルタ島
港の前のオープンカフェ、ふつうにイタ飯。


ミラノ風カツレツがあったので思わず。




Filippe」 Marsaxlokk(マルサシュロック) マルタ島
ガイドブック見て。漁港で魚は新鮮というのですが、カルパッチオのマグロはあきらかに解凍もの。イタリアンレストランを名乗る。




ところで、バレッタにへんなショウウィンドウがあった。ドライウェアかスポーツウェアなんでしょうが、日本語だけど日本人がやってるとは思えない。ここにもあるということはヨーロッパじゅうにあるんでしょう。


エマ‐ワトソンとフェミニズムとセクシー写真2017/03/07 09:07

エマ‐ワトソンが、フェミニズム活動のいっぽうで、ヴァニティフェア誌でノーブラの写真出して、それにちまたのフェミニズム活動家が噛みついたそうな。

「エマ・ワトソン、その胸の見せ方はいいの?」ノーブラ写真に論争起こる
The Huffington Post Canada  |  執筆者: Monika Markovinovic
投稿日: 2017年03月03日 11時35分 JST 更新: 2017年03月06日 11時35分 JST
「バーバリーのボレロだけを、上半身にまとったワトソン。組まれた腕の上には、何にも覆われていない胸の一部が写っている。」「「フェミニスト」という言葉には、まだ固定観念がつきまとっているようだ。ワトソンの写真に対して、「体を見せ物にしながらフェミニストを名乗るのはおかしい」という非難が投稿された。」

フェミニズム自体を、「女性はこうでなければならない」という枠組み自体からの解放であると考えれば、エマ‐ワトソンは正しいと思います。
美しさやエロさは別の話で、、それを美しいととかエロとか思う感覚がいかんというならそれはそれで別に解決するべき話ですね。
まああたりまえ。

で、さらに思うのですが。
勘違いしてる人が多いですが、男性のマッチョ誇示も女性のセクシー誇示も、どっちかというと、同性に対する優越性の顕示なんですよね。異性に対するアピールは、いかに自分が同性の中で優れているかということを通して行われる、間接的なもんです。
ですから、そこに反発くらったのは、まあ実は正しい反応なのかもしれませんな。

つまり、エマ‐ワトソンに突っ込んでいったフェミニストたちの本音は「同性のあたしらを踏みつけにしやがって、立場ないじゃん」という、身勝手ではあるがわかりやすい怒りだったんだろう、と思う

ラブドール売春宿に思う2017/03/07 10:07

性産業方面の話です注意。

バルセロナに、ラブドールをおく売春宿が出来たという、というか、これを売春というのかよくわからない。

ラブドール専門の売春宿が営業開始 性産業の現場ではロボット革命が起きていた
The Huffington Post  |  執筆者: Mary Papenfuss
投稿日: 2017年03月04日 16時54分 JST 更新: 2017年03月04日 17時01分 JST
「「斡旋所」の客は127ドル(約1万4500円)を支払い、1時間セックスの手ほどきを受けられる。巨乳の「ルミ・ドール」4体から1体を選べる。」「「彼女たちは、動き、『感触』ともに本物の人間と変わりありません。際限なく、すべての欲望を叶えます」と、ルミ・モデルのウェブサイトは保証している。」「ウェブサイトによると、客は、バルセロナのダウンタウンにある建物の一室で「相手」と出会い、衣服と、さまざまな体位を要求できる。人形は、使用後に殺菌処理される。客はコンドームを着用しなければならない。店によると、売春宿にはすでに数人から予約が入っていると話している。」

念のため、以下がそのウェブサイト。

触覚方面でのこの分野の発達はすごいし、IAでそれなりの応答ができるようになってきたのも確かですが、まさか立って歩いて相手してくれるわけではないとは思います。

どのタイプのドールもみんな巨乳です。きゃしゃな幼さとえっちいのギャップ萌えに進化することも多いどっかの国とはちょと違う、という感想はさておき。

ロボットに感情移入しやすい日本人からは、既婚者がこれ相手するならこれも不倫と呼ぶべき、という声がわりときこえますが、どう考えてもこれは道具をつかったマスターベーションです。
Siri 並みにしゃべれて、いろいろ反応してくれたところで、「局所が再現されている」ことが眼目なんですから、巨大テンガであることは間違いない。
局所の具合は調整できるようになっていくだろうし、ちゃんと殺菌すれば病気の心配もない。殴っても首を絞めても犯罪については大丈夫、相応の反応を示すのかは知りません。壊しても金払えばいい、そうそう壊されてもたまるまいが。
 
バルセロナはカソリック圏ですが、キリスト教的にはどうかというと、人間をつくれるのは神だけだからこの人形に人格はあり得ないつまり、相手するべきではない女性相手に姦淫するわけではない。ですが、そもそもマスターベーションというか、膣外射精自体が旧約聖書で神の怒りを買ってますから、獣姦よりはましなレベルなんじゃないかと想像はします。

水商売の場合、店に客をリピさせるために、肉体関係でつる場合がある。迫ってもデキそうでデキないから通うってやつね。
風俗は、はじめからデキる。手だけとかブロウジョブのみとかはともかく、日本のヘルスみたいな全裸なのに非本番系は世界では珍しい。
そこでリピさせようとすると、性行為以外の「接客」が必要になってくる。水商売の客は体を、風俗客は心を求めてくるというのはここです。

リピは要らないヤルだけにしたいという風俗嬢、若いだけで客のつく風俗嬢は、ろくな応対もできずキスも駄目タッチも駄目腰入れて動くだけ15分1万という飛田青春通り的にやってたりする。そういうところに出入りする、マグロでもおkな男性なら、こういうラブドールで、行為としては応対可能にみえる。
ですが、そういう応対は、そこにいる嬢の多くがそもそもピチピチな実物だから許されてるんですよね。
加えてそういう場所でも客は、ある程度の率で、実はハプニング的に接客のいい「良嬢」にあたる可能性を求めてたりすると思う。これはラブドールでは無理です。

日本でやるとかなりおかしな方向にいきそうなので、バルセロナのこととして話をすすめると、かの都市のエスコートサービスはサイトに全身写真も表示、2時間からで300ユーロほど、その場合に30分くらいエッチな時間をくれるらしい。格段に短時間で安いマッサージガールの相場は30分70ユーロくらいなんですな、60分だと120ユーロくらい。
ラブドール使用料は、マッサージガールに相手してもらうのとほぼ同額になる。
ですが、その値段じゃ、ええとこ25から上たいがい30超えの、外見もそんなにたいしたことないのがやってくるだけだったと、バルセロナのマッサージ体験者がいっていた。10人くらい見て選んだのが、それでもえらく腹の出たコロンビア人だったそうですw エスコートサービスに回せないレベルの訳ですね。

ラブドールを相手にするのは、かなりの想像力とか感情移入能力とかを必要とする。
そんなに見た目麗しくない、好みじゃない、話のあわないマッサージガールにぶち当たるより、自分の好みのラブドールのほうがいいぜ、と思わせるレベルまでラブドールがきた、と、商売人としては考えるようになった、ということなのか。むしろ、マッサージガールはその程度のもん、というか、その程度のマッサージガールしか手配できない、という業者の本音か。

これが人間の相場に影響あるのか、どうでもいいことが気になりました。

(追加)
これって、巨乳だからまあええかと思いましたが、現実には対象にできない相手の代用にいく可能性あると、誰もが思いますね。

たとえばスターとかセレブとかのそっくりドールが用意できたら、そこに、特に金のとれる需要も発生するかもしれません。いまどき顔や体型のデータはふつうに出回ってる画像からなんとでもなるでしょう。
あちらの具合とかも、そのためのモデルデータが闇取引対象になるかもしれんけど、確かめようないからどうやろか、、、

あまり書きたくなかったのですが、、、、
もうひとつは、ペドです。
日本でも特に幼女体型のラブドールは、自分で買って擬人的に名前つけて着替え揃えてという方向にずいぶんいっちゃってると思いますが、実物だったら犯罪になるようなドールをこういった施設で供給するという場合、「市場開拓」という側面が出てくると危惧する人もいるんじゃないか。

ヨーロッパではもともと本当に行為しているペド写真本が80年代まで普通にエロ本として蘭独仏中心に流通していた。日本でもプチエンジェルみたいな事件があったりしましたが、アメリカにも、少女の人身売買組織が大々的にあるともいう。検閲されて表に出ないという人もいる。

http://projectcensored.org/23-modern-day-child-slavery-sex-trafficking-underage-girls-us/

安女郎のかわりというんじゃなく、ペドの代用品にしても、それで済むというなら平和です。しかし、そういうことに金を大枚出すなかには、実際にさらに金出して実物買っても構わないという犯罪傾向のあるものがいるだろう。
ラブドール貸与施設に、そういう性癖を持っている人がリストの形で情報として残る。ここから先は、下手なエロコミックにでも犯罪小説にでもなんとでもできそうに思います。

現実問題としては、そういうリストに載ってしまった、つまり表側で捕捉されやすい人間をリアルな犯罪組織が相手にはせんとは思いますけど。
貸し出しの人形相手に金出して済ますならそれはそれでええ鴨なんやし、生きた人間の管理がないのは楽やろうし(適当

海外旅行時のデータ通信2017/03/21 19:47

知人たちがいくのに部分便乗して、この連休に台湾にいってきました。まったくのオルターナティブジャパンで、楽ですが外国の感じがしない。
飯はうまいです。

いまどきの旅行は、データ通信必須、あったほうが格段に動きやすい。

そこで、今回は今後の旅行のことも考えて、データ通信手段をいろいろ揃えて比較した。

前提、私のもっていったポータブルのネット通信機器は以下。

NTTdocomoのガラケーらくらくホン、i-modeがおわり、かわりにsp-modeが入ったのですが、いまさらこんな端末でやらないよねえ。念のためデータのやりとりせんように設定。
AUのiPhone、一番手軽、アンロックしてません。テザリング可能ですが、今回はデータローミング自体を切った。海外ではあっというまに一日上限2900円になる。
Zenpad8 アンドロイドタブレット、ふだん格安MVNOデータ通信SIMいれている。テザリング可能。今回、SIMは切って、まるっきりwifiのみ使用。
Surface3 LTE、窓ノート兼タブレットPCよく変な動きををするので、最近ほとんど使わない。
小米の紅米4 香港でおもしろがって買ったスマホ。テザリング可。きっちりした日本語化はandroidSDKがようわからずできてませんが日本語表示や入力は可能なところまではもってきた。バンドはアジア重視。

以上はすべてUSB充電

(注記) ほかに、PanasonicRZ6 LTEモデルもっていますがコンセントからの充電になるので今回パス。ふだんはこれに格安MVNOデータ通信SIMいれています。ちゃんとした窓マシンで、実は Surface3 にうんざりして、SSD容量の大きめのモデルが限定だったのであわてて買いました。

そして、以下のものでデータ通信。
1)グローバルモバイル(イモトと思ったら違うのねw)のポータブルwifi レンタルした。3日2900円ほど。
2)紅米4に、桃園空港で台湾大哥大の3日使い放題通話+データSIM値段300NTを購入。
3)Surface3 に、世界中で使えてネットでチャージ操作できる mightySimのデータ用SIMを事前購入して使用、日本や台湾のZoneはちょっと高くて 200MB 2900円(だっけ)。どうせ私の使い方では使い切れない。

結果、どれもちゃんと使えたし、空港で買ったSIMいれた小米も、テザリングにも不自由なし(まあ、あたりまえ)、カウンタの兄ちゃんが頼んだのにアクチベートしてくれてなかったので、待ち合わせのための会話がはじめはできず一瞬困ったけど。

そして、ポータブルwifiも紅米も、wifiはりっぱなしでは朝から動かして午後おそくにはバッテリがもたない。その都度はるのでいいのですが、あえてつけっぱにしてみました。
そいつらから出しっぱなしのwifiをうけるだけの状態では、Zenpad8もiPhoneもいつもよりもつ。モバイルデータ通信と都度wifi探すのは電気食うんやなあと思った。
Surface3 はホテルに置きっぱなしになった。ホテルならいまどきたいがい無料wifiある。窓ノートマシンのインターフェースはあったほうがいい。それでも、電車移動や空港で触ってるうちに60MBくらいは消費、まともな窓のインターフェースはスマホ前提のOSより通信容量でかいのですかね。

で、結論としては、今後を考えると、私の場合は iPhoneをアンロックして現地のSIM入れて各機器にテザリングするのがいちばんええかな(爆)ポータブルバッテリ必須
mightySim は、 androidタブレットのほうに入れたらテザリングできるので保険にできるか。素直にデータSIMも現地で買えばいいといえばそうですけど。
SIMの入れ替えをあまりしたくないので無理に今回いろいろやってみたのですが、入れ替えるのが賢い奥様でしょうかね、なくしそう。

デジカメもあるし、旅行は充電と大容量バッテリが最重要になってしまった。
通信機器は電気食い続けるのでどう整理したものか。

感想 映画「この世界の片隅に」2017/03/23 23:30

機内でみたもので、映画を見たと胸張れないですが書く。ネタバレします。

英語題は In this corner of the world. らしい。世界のこの片隅に、やね。

戦中もの広島ネタで、すみませんが今更感があって、素材としてはなんだかです。
ほとんどなかったけど街中シーンでもっと群衆が動いたらいいのにとは思った。お金かかるからなあ。
これは個人的な好みなので先に書く。

冒頭、キリスト教会音楽に続いて、作品世界よりずっと後年のフォーククルセイダーズの「悲しくてやりきれない」をうたう能年玲奈、のんの声がかすれて流れる。この声が通奏低音のようにずっと頭に残る。
まずは主人公の声を演じる、能年玲奈が本当によかった。この人は方言ものがええんやろうか。

本編の抑えた感じの色のなかで、主人公すずが、はじめに同級生のために描く水彩の海があざやかに動き、彼女の絵は状況とともに線画のようになっていく、ついに右手は失われ、でも、失われた右手は、その後も画面の中で絵を描き続ける。丁寧な作画で、アニメ作家性のつよいものではなく、職人技に徹しています。アニメでしかできないことをアニメでちゃんとやっているのがよいです

原作が強い
でてくるのは「逝きし世の面影」にあらわれるような、枠組みの中に生きることをよしとするひとびと。流れに流されるわけではなく、そういう生き方なわけです。宮崎の「風立ちぬ」の主要登場人物たちの対極。
自覚的に、その生き方でいいのかと自分らも思ってるようで、夫が、かって想いあっていたかもしれないその同級生と一夜を過ごさせてやろうという余計なお世話までついてくる。
つまり、みんな、いい人なのですな。
その枠組みにいてもいいのかわからなくなったときに、枠組みに忠実な夫の言葉より、枠組みからちょっと逸脱する力のあるもとモガ小姑の言葉の方が重いのは仕方ない。

あくまでも、コミックのすぐれたアニメ化であって、とことんを追求したトップクオリティアニメではないけれど、いろんなものが補い合って、よい映画になった。ほんわかしているが、よかったと手放しにいうには、ちょっときつくてつらい。

終わり近く、孤児のシーンだけ違和感あった。
それまではすずの視点でゆっくり時間が経過していたのに、子供がいきなり原爆の下でわざとらしく右手に受傷したおそらく母親に死なれて、コマおとしで死体にハエがたかり、そこから、ころがした海苔巻き(?)に寄ってくる描写までは、時間のリズムが違いすぎる。
このシークエンスを入れたいのはわかります。原爆下というのが日本以外ではわかるかな。
場面としては原作どおりなんでしょうが、コミックは自分のペースで読めるがアニメは時間が一方的に流れる。リズムが違うのがそのままきてしまう
難しいですね、ここは。こういうコマ落としが、すずと関係のないところであと2か所くらいあったら馴染めたと思う。
孤児になった経緯はなしにして、弁当食うふたりのところに孤児がただ暗闇からでてくるのでもええようには思いました。
でもまあ、違和感がないからいいとは限らないし。

すべての登場人物がいとおしい。
悲しくてやりきれないので原作を読む気にならないw ネタがネタだけに聖地巡礼はせんやろなあ。
クラウドファンディングで最後に名前のでる快感を覚えた人が、これで増えたらいいと思います。