難民受け入れなのかこれは2017/02/04 13:47

先に断っておきますが、日本が難民を受け入れない国というのは間違っている。いまの在日コリアンの方々の多くは戦前戦後済州島からきた難民であることは認識した方がいいでしょう。

それはともかく、シリア「難民」を300人受け入れる、という報道で、税金をまたそんなことに使うのかとぐつぐついう向きがあるようだ。

朝日新聞デジタル>記事
シリア難民、300人規模で受け入れへ 政府、定住に道 機動特派員・織田一2017年2月3日07時17分
「日本政府が今年から5年間で、シリア難民の留学生とその家族を計300人規模で受け入れる見通しになった。留学生は配偶者と子供を帯同でき、家族にも生活手当が支給される。留学終了後は必ずしも帰国する必要がなく、事実上家族とともに定住する道を開くことになる。」

確かに状況としては難民なので勘違いする向きもあろうが、よく読めばまず「留学生」です。
こういう機会でもなければ優秀な外国人学生を選ぶ形で呼んで来れない。
もちろん生活保護なんて考えず、ちゃんと日本で働いてもらえばいいでしょう、でないと勿体ない。
一般の不法入国者や出稼ぎの作業労働者といっしょにしてはいけません。
これは、ちゃんと働いて税金も払える層をどさくさにまぎれて取り込もうという案件ですよ。

日本に定住してくれるんか、日本で育っても他国に行くんじゃないかとか言ってる人は、無駄な努力をするなと農村見合い活動に言ってやってください。

英語をつかう日本企業も増えています。
なにもなく高度な能力を持った人たちがくるわけもなし、こういう機会に入れる努力しないとどうにもならない。
去られたらそれは日本に受け入れ能力がなかったからです。
だからといってその能力のなさを前提になにもせず衰退を座視するのもどうだかですねえ。
選べるうちに選べるものは選ばないと

非正規の日本人就業者ををまず何とかしてやれ、という人もいますね。
それはそれでやればいいんじゃないですか。
シリアの留学生をいれなければ日本人が何とかなるとかいう話でもないでしょう。
あっちに手が回ってないのにこっちをやるのはけしからんというのはよく日本で見る議論ですが足の引っ張り合いになってしまってはどうしようもありません、できるものはやっていけばいいのです

そういうシリア人がきたら、うちに枠があって能力があると思ったら雇いますよもちろん、まあ来てくれるわけもないですけどねー orz

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2017/02/04/8350198/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。