裁判所の猛威w2016/12/06 16:56

救急がうまくいかなくて訴える、それで賠償をさせる。
医療では大野事件やらで大々的に取り上げられ、結果として救急受け入れ拒否が相次いで、さすがにまずいという感じにはなったんですけどね、それでもときどき検察はへんなことやってるけど。

山のほうでは、まだまだこれからですか。これは民事になりますが。やってるのが公務員警察官だから個人責任を問わなかったのか?医者のやったことなら公立病院でも平気で刑事にするよなあw

積丹岳救助、道警の過失確定 最高裁、道の上告退ける 12/01 18:12、12/02 02:43 更新 北海道新聞
「遭難死した男性の両親が、道警の救助に過失があったとして道に慰謝料など計約8600万円の支払いを求めた訴訟で、」「道警山岳遭難救助隊の過失を認め、道に約1800万円の支払いを命じた二審札幌高裁判決が確定した。」「スノーボードをしようと入山して遭難した。救助隊は2月1日、藤原さんを発見したが、両脇を抱えて歩く際に雪庇(せっぴ)を踏み抜き滑落。その後、藤原さんを救助用のそりに乗せて急斜面を引き上げ、疲労が激しい隊員を交代させるなどのため、そりを一時的にひもでハイマツに結び付けた際、そりが滑落した。藤原さんは翌日発見され、凍死と確認された。」

詳細はこちらのブログにもあります。
積丹岳遭難事故裁判を追う 2016年01月12日

命を懸けた挙句訴えられたんじゃ馬鹿らしくって話にならないでしょう。
ぎりぎりの状況で、二次遭難がなくてよかったレベルなのに、司法が二次遭難させてどうする

医療でいう「立ち去り型サボタージュ」への後押しを最高裁がしたということですか。
救急医療の民事訴訟では、多くのケースでもうとっくにそのレベルは通り越したと思ってますが、神様はどの分野に行ってもぶれませんなあw
緊急救助で結果責任を問うアホ。いや、「できないことに中途半端に手を出すな」という状況は世の中にはあるにしても、この場合はそうじゃないだろう。

「法律の専門家が陥り易い誤りに可能性がすこしでもある=必ず出来るがある。」と知人がいった。
神様がいないとこうなるんですかねえ、人間がぜんぶコントロールできるはずないんですが。
業界内のひとりよがりな理屈はよくありますが、法曹の世界は現実に対する影響が強くて困ります。
リスクがちょっとでもある=やらない にどんどんなっていってるんだな、そうやって踏んづける結果。

一見リスクが低くてもなにがおこるかわからんのが救急の基本ですから、結果責任を問うのがそもそもおかしいのですけどねえ、、、
それに文句があるというのなら、つまりぜんぶやめるしかないのですが、それでいいのか?

こういう、法律家連中のお仲間が振り回す法律論、憲法論や安保論も含めなんだかですねえ。
善意と良識のエスタブリッシュメントが現実から離れた理想論いってるからトランプが出てきたんだろうかね。

医療にかんしていうと、、、、
医者はなにをされてもどこにいっても、医療を頑張るだろうと、医者でもえらい人らは勝手に思ってるようですけど、、、まあ、役人的には、誰かいればいいので、「ちゃんとできる」ことが前提の医者の発想とは根本が違うのですがね。

最近じゃ、思い切り優秀な受験生が成績と社会的安定だけで医師になる傾向があるので、医療の現場は思い入れを排した合理的なパターンが増えるんじゃないですかねえ、さっさと手を引くことが増えるとか。そのへんは上級医次第でもあるけど。

医者が、強制的に地域配置なんてさせられた場合、逆に言うとよほどのことがない限り手を抜いてもやめさせられようがないし、難しいもんに手を出して罰くらうの馬鹿だから徹底した防衛医療になるやろね。わかってんのかねえ。

ドライウェア2016/12/10 09:05

ちょっとびっくりしたので書きます。

まあ、池に行ったと思ってください。11月下旬の中和の朝はそこそこ寒い。
長靴履いて入ったが深いので、長靴脱いでズボン折り返した。それでも深く、しかも足とられて腰までつかってしまった。
で、これはあかんなと、ドライパンツ(下着の意味ですこのパンツは)一丁になった。

もともと着ていたのがドライウェア下着と、その上はほとんどがナイロンの保温素材だったのですね。
で、腰までつかったのはそんなに困ったことにはならなかった。加えて、パン一で腹くらいまでびしょびしょになった上を拭きもせずまたドライウェア下着を着たら、そのままほとんど乾いてしまったわけで。

考えれば、びしょびしょになったのも、汗だくになったのとおなじことで、いまどきのドライウェアの威力はすさまじい。

池の水自体は気色悪いので、車に帰って着替えましたけど。

ちなみに使用しているのはファイントラックという会社のもんですが、ドライウェア自体はあちこちからでていて、そうかわらんのやろとは思ってます。好日山荘で偶々目についたから買ったまで。知人はアンダーアーマー着てるし、パタゴニアからもいろいろ出てるし。

ファイントラックは山用のそういう衣料を F1 から F5 までわけていて、わけた中でさらに季節によってもこまかくわけていて、はじめよくわからなかった。 F1 はまったくのドライウェアのメッシュ下着、F2 は重ねる通常下着、F3 はジャージ相当でこれがいちばん季節により厚みが違い、F4 は防風ウェア、F5 は防水パーカ、なのだね。いちいちなんでこれを分ける、という感じのところもあるなあ。下半身はF3以上はちょっと違う。
普通に買うならF1とF2だけで、あとはメーカー揃えずやっていけるでしょう。アンダーアーマーやパタゴニアのシャツは F1 と F2 が一緒になった使用設定なんですかね。

いまどき山に入るのにただのコットンはどないもならんともききました。私も、以前何も考えず、うにくろのヒートテックを着てたら山歩きでずくずくになった。あれは、寒い町中のためのもんですな。

「無資格」流産手術の病院のネット口コミと、指定医について2016/12/16 16:37

そのまま読むと、なかなか悲惨な事例。

「指定医ではない医師の中絶手術後に死亡 「死因不明」に夫の悲痛な思い」
LivedoorNews 2016年12月15日 11時0分 ※女性セブン2017年1月1日号
「由美さんはネットで調べて、評判のよかった東京・武蔵野市にある水口病院での出産を決めた。」「田中さんによれば、由美さんは水口病院で、「胎児が育っていない」と診断されたという(水口病院は「少なくとも、当院が患者様にそのような診断をしたことはありません」と否定)。」「「夫婦で話し合って、やむなく人工中絶手術を受けることにしました」(田中さん)」「そして手術からわずか6日後の7月14日、」「由美さんが壁に前のめりに倒れていた。すでに体は冷たくなり硬直していた。なんとかトイレの外に出し、心臓マッサージを繰り返したが、由美さんが息を吹き返すことはなかった。」「田中さんが水口病院にカルテ請求などをして確認したところ、由美さんを執刀したA医師は母体保護法の指定医ではないことがわかったのだ。」

どうもいろいろ不自然で、経緯がよくわからないのですが、そこは今後明らかになることを期待するとしてです。

「ネットで評判がよかった」というところだけはひっかかるのですね。

この病院について口コミサイトを見てみた。

綺麗な病院 ねね (本人・20歳代・女性) 来院時期: 2016年03月 投稿時期: 2016年10月評価4.5 「とてもいい思い出になり、また2人目ができたらやりたいなと思いました。」
診察も問診もとても丁寧です エウロパ907 (本人・50歳代・女性) 来院時期: 2016年04月 投稿時期: 2016年06月 評価5.0 「不安に感じることをきちんと耳を貸してくれる良い先生だと思います」
素敵な産婦人科 うりぼー (本人・30歳代・女性) 来院時期: 2013年 投稿時期: 2015年09月 評価5.0 「とにかく設備が整っていて素晴らしい病院でした。次に産む時もこちらが良いです。」
以下略 14の口コミはどれも評価4以上で、総じて絶賛状態

たしかにこちらでもとても評判いい。

しかし、、、医療は基本的には個人に属するもんで、いい病院やから目の前の先生がいいとは限らんし、たまたまうまくいった患者の声を集めたって意味ないんやけどなあ、、、
逆も然りで、ただのないものねだりを連ねて不満を医療機関にぶつけている事例もいくらでもみるのです。

医療機関や医師の良し悪しなんて科が違えば医者でもわからんこと多い。そのうえ、患者はいっちゃわるいがサービス側面にばかり目をとられる。

評判のいい医療機関の雑誌特集とか本とかも無意味です。医者が推薦するていの施設を集めた本もあるが、ああいう情報を集められるほう(まず葉書がくるのですあれはw)からみると、そうとうええかげんなこともやってる。
へんな裏事情でどうでもいい医師を推薦する教授様だっていくらでもいるのである。

ましてや、口コミサイトなんて、あてになるはずない。冗談じゃなく、食べログ感覚で医療機関風評サイトつくるのやめてほしい

どこの誰が書いてるかわからないものを参考にするなんて、辻占レベルの運命の丸投げです。
食べログなら、まずかったらまずかったでおわりだし、接遇が悪かったら腹を立てればいい。しかし、医療はそれでは済まない。

命のかかるフェーズについての口コミサイトは、有害でしかないとつねづね思うのですが。

加えて、知人医師からきいたことを以下追加。道に聴いて途に説く感じですみませんがw

胎児が育っていない、ということならふつうは稽留流産と思いますな、今回の報道ではどうもそこが曖昧なのでようわからんのですが、、それならもう胎児は亡くなってるわけです。

「人工中絶手術」と「流産手術」は、つまりは胎児が生きてるかどうかの違いにより呼び名が違うだけで、手技も侵襲度も全く同じ。
胎児に心拍がある場合は、「人工中絶手術」となり「優生保護法指定医」が行う必要があるのだそうな。

で、こういう資格は、大概の場合、手続きの問題におわる。書類手続きと講習(倫理的な教育)で維持できる資格なのですね。
だから、この「指定医」が技術的なレベルを保障すると言う認識は、どこの現場にもないそうです。

「優生保護法指定医じゃない医師」が「流産手術を行った」ということであれば、つまり何の問題もないことで、ここに焦点を当てるのは完全なミスリードということのようです。

まあ、私はネット口コミが気になっただけではじめからこっちはあまり気にしてませんでしたが、いつもながらの医療報道やなあという気がしてきました。

以下蛇足。

なくなった方にはお悔やみ申し上げますが、ネットで医療機関探すあたりもともかく、術後調子が悪くても受診しないとか、なんか、医療機関との付き合い方の下手な印象がどうもあるのですなあ。事実と違うなら申し訳ありません。

なんかおこってから悪いのは誰だといっても元には戻らんので、命のかかる物事に関しては用心深い方がええというのはまああたりまえの感想ですが。

こないだも、知人眼医者が顕微鏡手術中、術眼がよく動くのでそれをいつものように注意したら、「動かしているつもりはない」「不愉快だ」と術中にくってかかる患者さんというのがいたそうです。
動いていたらいわんわけにいかんし、そんなところで自分の手術している最中の医者にケンカ売ってどうするんやろうと、彼は非常に不思議がっていました。
ちなみにその方、術後回復室で、自分の点滴ラインを勝手に引き抜いたそうなw 服も血だらけだったそうで、まあ自分の体がどうなってもいいという態度は一貫してはいます。

兵庫の佐用で猟中の誤射死亡事故がありましたが、これもまあ、ガサドンするほうが論外に悪いけど、そもそも多グループが狩猟しているところで、犬をさがしてオレンジベスト着ずに(これは当初の報道で読みましたが、今探しても出てこないので不確かです、違ったらごめん)動き回るというのが自分の命の軽視のようで残念。

イノシシのはずが…猟銃で撃たれ男性死亡 兵庫・佐用 神戸新聞NEXT 12/11(日) 19:41配信

いった店 洋食と鰻2016/12/26 17:20

京都伏見ですが、カーサアントネッタがなくなって、居抜きでコートレットが移ってきた。ルーマニアのおばちゃんはどこいったんやろ、、、、
カーサアントネッタの記録
「いった店 京都 ルーマニア料理 ホテルイタリアン 」
コートレット(Cotelette)の記録
「いった店 洋食 蕎麦 スペイン風バル」

Cotelette 洋食屋コートレット」 伏見桃山 洋食
アントネッタの内装ほぼそのままですかね、手狭な移転前とかわって、雰囲気のいい洋食屋になった。昼は子連れもいるし、夜もちょっと遅くても、やや年配客ペアがつぎつぎくる。安くはないが割高感もないし、この客層向けの手軽な店がこのあたりすくないので、いいんじゃないでしょうか。


ビフカツはロースのわらじ(サイズがでかいだけでたたいてはいない)とヘレ。
ロースはいい肉で美味かったです、1.6K。


ヘレは依然同様金網に載ってきて、ちょっと大きくなったかな、びみょーに値上げ1.48K。これも、おいしいお肉はおいしい。


江戸川」 奈良 鰻き
鰻丼はまむしてないが、あつあつのごはんでよろしかった。靴脱いであがる高級仕様だがええかげんな格好でも文句言われませんでした、すんませんね。店頭ウェイティングリストは外国人旅行者多いのがみてとれた。



既出から
能登」余呉湖の鰻はぷりぷりしてなかった。
Clos de Vougeot」 まわりが更地でたいへん。

外食激減中。
肩もあいかわらず痛い。上腕二頭筋腱にステロイドうってもらいマッサージしてもらうのですが、よくならない、いや、体の不具合は、あれこれすればよくなるという幻想は捨てんといかんのです
筋力がおちてしまい、腕回せないので水泳できずスポーツクラブも行かなかったが器械使った筋力エクササイスにいくことにしました。