ハーフのミス日本代表2015/11/14 11:55

モンゴロイドとネグロイドのハーフの方が、ミス日本代表になったことで、違和感を訴える向きもあるようですな。

ミス・ユニバース宮本さん「ハーフでも日本の代表」…ネット批判に「その人たちの考え変える」2015.4.29 11:00Sankeiexpress
「米CNNなどの取材に対し、宮本さんは子供時代を振り返り、「学校ではゴミを投げ付けられたり、差別的な言葉を吐かれたりした。肌の色や髪の毛をからかわれ、クラスメートに同じプールで泳がないでと言われたこともある」と語った。ロイター通信には、コンテストに応募した動機について、親しい自分と同じハーフの友人が自ら命を絶ったことをあげ、「『日本人に受け入れられていない気がする』と話していた友人のためにも、日本の世の中をちょっと変えたいと思った。ハーフに対する世間の見方を変えてもらいたい」と述べた。」「ネット上では、宮本さんが日本代表に選ばれると「日本代表にハーフを選んではダメだ」「日本人らしくない」などといった心ない書き込みがされた。」

まず断ると、ノーベル賞もそうですが、この手のミスなんちゃらにしても、対象は「個人」である。
だから、優秀な個人について、そいう個人のあらわれる社会であることを誇ればいいのだが、ご存じのごとく「日本の代表」というより「優秀な典型例」扱いになってしまう。

ほぼ単一の民族国家では、同質性が高いことでその個人に感情移入するほうが、気持ちがいいということでしょうかね。
だから背景がかけ離れている人が優秀だと「ズルい」的なほうに動いてしまうんでしょうねえ。

ハーフ、という」ことなので、日本の場合、これはとことんの問題にはならないでしょう。ガイジンは「まれびと」で、半ば神様みたいなもんだから、神様の娘として棚上げされるだけ、社会はインターフェースをすこし変更して対応してしまい、文化の基本はかわるまい。

こうして、体制内の「出る杭」を打とうとする体質も、ともに温存されてめでたい事なのであったw

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://inakameishi.asablo.jp/blog/2015/11/14/7908020/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。